子育て

受け取り方次第で節税に、祖父母からの贈与「年300万」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、2人の子供のために実家の親から毎年300万円の贈与を受けているという、共働きの主婦36歳。贈与税を毎年支払わなければならないため、節税できる受け取り方があれば知りたいといいます。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

私の親から子供2人のために毎年300万円の贈与を受けています。このお金は基本的に子供にお金がかかるようになったときのために貯蓄にまわしており、一部ローンの返済などに使っています。気にしているのは、毎年贈与税を払っているので、贈与してもらうなら110万円の範囲内にしたほうがいいのか、それとも数年に一度、まとめてもらったほうがいいのか、という点です。親の年齢など事情によって異なると思いますが、一般的にどちらの方がよいでしょうか?


〈相談者プロフィール〉
・女性、36歳、既婚(夫:39歳、会社員)
・子供2人:4歳、1歳
・職業:会社員(時短勤務)
・手取り世帯月収:65万円
(夫35万円、妻30万円)
・手取り世帯年間ボーナス:なし


【資産状況】
・預貯金:1900万円
・有価証券:22万円(つみたてNISA)
・住宅ローン:残債2100万円


【支出の内訳(64.5万円)】
・住居費:11万円
(ペアローン:夫7万円、妻4万円)
・保険:3.35万円
・教養・教育費:7.2万円(保育園代含む)
・通信費:0.9万円
・自動車:0.5万円
・食費:7.3万円(外食費含む)
・水道光熱費:1.95万円
・日用品:1万円
・衣服・美容:0.5万円
・健康・医療:1.5万円
・交通費:0.3万円
・小遣い:18万円(夫10万円、妻8万円)
・貯蓄:10万円
・使途不明金:1万円


FP: ご相談ありがとうございます。miraitalkファイナンシャルプランナーの秋山です。贈与にまつわる節税に関しては色々な考え方があり、どうするとよいのかは難しいところですよね。見落としがちなところなども多くありますので、一つずつみていきましょう。

贈与税は節税できる

毎年お子さん二人のために300万円の贈与を受けているとのことですが、お子さん一人につき150万円ずつ贈与を受けていますか? それとも、どちらかが代表して贈与を受けているのでしょうか。または、ご相談者さんがまとめて贈与されているのでしょうか。

この贈与のされかたで、税金額がまったく異なります。お子さん一人がまとめて、もしくは親御さんが贈与を受けている場合、贈与税は19万円ほどになります。これが、お子さんがそれぞれ150万円ずつ贈与を受けているとなると、一人当たりの贈与税額は4万円ほど。二人で8万円となります。毎年ということであれば、かなり違ってきますよね。

教育費の支払いがあるときに、都度お金を出してもらっていたのを「贈与」という認識で受け取っていたということはないでしょうか? この場合、祖父母はご相談者さんご夫婦と同様、お子さんの扶養義務者となります。扶養義務者から生活費や教育費として使うために支払ってもらったお金は、贈与税の課税対象になりません。もし、そのお金を贈与として扱っていたのなら、贈与額は300万円よりも低くなる可能性があります。

また、贈与されたお金をローン返済などにあててしまうのであれば、子供にお金がかかる時に贈与してもらった方が節税になるでしょう。8~19万円もの税金が少しでも節税できたら、その分を蓄えに回すことも考えられます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ