生活

作り置き常備菜「冷やし胡麻なす」とアレンジレシピ

夏にうれしい冷やし料理

夏が近づくと我が家では食卓に上がる機会が急激に増える食材、なす。

なすって美味しいですよね。栄養のほとんどは水分ですが、ナスニンと呼ばれる栄養が含まれています。ポリフェノールの一種で、高血圧予防や生活習慣病予防に効果を発揮してくれます。なすの皮の紫色の部分に含まれているので、摂取するためには皮をむかずにいただきましょうね。

そんななすはいろんな料理のレパートリーを覚えておきたいところ。今回は夏に嬉しい冷やしていただくレシピをご紹介します。


基本レシピ「冷やし胡麻なす」

なすはとても油を吸いやすく、レシピによっては意外と高カロリーになりがち。蒸し焼きしてあげると、なすのもつ水分が出てくるので、少しの油でも十分美味しくいただけますよ。たっぷりの胡麻と一緒にいただきましょ。

図1

材料(約4人分)

材料 分量
なす 4〜5本
ごま油 大さじ1
めんつゆ 50ml(天つゆ用に希釈)
いりごま 大さじ3

作り方

1. なすはヘタをのぞき縦に4等分する

2. フライパンに1のなすを入れ、ごま油を入れてから火にかける

図2

図3

3. 中火で蓋をして時々転がしながら蒸し焼きにする

図4

4. なすがしんなりしたところで、希釈しためんつゆを入れ、すった胡麻を全体にまぶしかける

図5

図6

5. 粗熱がとれたら、冷蔵庫で2時間以上しっかり冷やして、青ねぎをちらしてできあがり

図7

ポイント・アレンジ

・冷やさずに温かいままいただいてももちろんOKです。
・少し味を濃いめにして、お弁当のおかずにしてもOKです。

アレンジレシピ『胡麻なすの素麺カッペリーニ』

夏の定番メニュー素麺はどうしても栄養が偏りがち。そんな時には、作り置きしておいた冷やし胡麻なすを一緒に和えて栄養アップさせちゃいましょ。ごま油の風味が効いてモリモリ食べられる一皿です。

図8

『胡麻なすの素麺カッペリーニ』の材料(2人前)

材料 分量
『冷やし胡麻なす』 適量
素麺 150g(3把)
ごま油 適量
めんつゆ 100ml(かけそば用に希釈)
いりごま 適量
青ねぎ 適量

『胡麻なすの素麺カッペリーニ』の作り方

1. 素麺を規定の時間茹でてザルにあげ、氷水で冷やしザルにあげて水気を切っておく

図9

2. 冷やし胡麻なすは細かく切っておく

図10

3. いりごま以外のすべての材料をボウルに入れて全体を和える

図11

4. 器に盛り付け、上からいりごまをかけてできあがり

図12

レシピ/k-meals, 片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。管理栄養士。Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。現在3児の母。k-meals, Facebook, instagram

元記事:作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

(この記事はケノコトからの転載です)
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ