生活

夏の疲れやすい体に「夏野菜のラタトゥイユ」

暖かくても、冷やしても美味しい煮込み料理

夏バテ、していませんか?

暑いからといって冷たいものばかり飲んでいたり、そのせいで食欲が湧かずに体に必要な栄養が摂れていないと、疲れやすい体になってしまいます。暑い夏には、夏の食材を。

トマト、ナス、ズッキーニ。夏野菜をたっぷり詰め込んだ煮込み料理です。温かいままでも、冷やしても美味しいラタトゥイユ。大地の恵みと太陽の恵みを受けて育った夏野菜、水を加えずに野菜の持つ水分だけで煮込みますよ。


図2

「夏野菜のラタトゥイユ」の材料(約4人分)

材料分量
鶏もも肉1枚
にんにく2〜3片
オリーブオイル大さじ3
玉ねぎ中1個
なす1本
ズッキーニ1本
トマト2〜3個
白ワイン(または酒)大さじ2
●塩小さじ1
●黒胡椒適量
●ケチャップ大さじ1

作り方

1.鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。他野菜も形が揃うように切る。にんにくはみじん切りにする

図3

2.鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、みじんぎりにしたにんにくを香りが出るまで炒める。鶏もも肉を入れて、両面焼き色をつける。いったん取り出す

図4

図5

図6
図7

3.オリーブオイル大さじ1を加え火にかけ、食べやすい大きさに切った玉ねぎ、なす、ズッキーニを加え、油をなじませるよう炒める

図8
図9

4.鶏もも肉を戻し入れ全体を炒めたら、トマトと白ワイン(または酒)を加え、蓋をして弱火〜中火で30分煮込む

図11
図13

5.蓋を開け、水分が半分くらいになるまで軽く煮飛ばす

図14

6.●印の塩胡椒、ケチャップで調味する。皿に盛って、オリーブオイル(分量外)をお好みで回しかけ出来上がり
図15

ポイント

黄色ズッキーニやパプリカなども加えると色味が鮮やかになります。
水分をもっとに飛ばして、バケットの上に載せても◎

レシピ/k-meals, 片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。管理栄養士。Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。現在3児の母。k-meals, Facebook, instagram

元記事:夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

(この記事はケノコトからの転載です)
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ