読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳、会社員の女性。共働きで、世帯年収は手取りで1,000万を超えていますが、貯金は結婚7年目で200万円ほど。なぜお金を貯めづらいのでしょうか?見直すべきポイントをチェック。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

共働き夫婦です。収入はそこそこあると思っているのですが、お金が貯まりません。結婚して7年、父親からもらった500万円と合わせて、今の貯金額は700万円です。ということは、7年で200万円しか貯められていないということですよね。

保険を積み立てていますし、今後は投資をしたいとも思っていますが、手元にお金がないため、これから先、マイホームを買うことができるのかな、とか、教育費を貯められるかな、というような不安があります。

お金を貯めるのも、やりくり次第ということになるのでしょうが、どのように支出を見直していくとよいのかわかりません。

また、銀行口座がたくさんあり、それぞれにお金が入っています。目的があって作った口座だと思うのですが、管理が難しく、これもどうしたらいいのかなと思っています。

家計管理を全体的に、見直しできたらと思っています。

【相談者プロフィール】
・相談者/女性、44歳、会社員
 夫/42歳、会社員
 子ども/長女2歳・保育園、次女1歳・保育園
・ 手取り収入
 相談者/月収21万8,000円、年間ボーナス 約140万円
 夫/月収54万4,000円、ボーナスなし
・貯金/約700万円(内500万円は父から)
・毎月の支出の目安:74万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃):14万6,000 円
・食費(外食含む):8万4,000 円
・水道光熱費(電気・水道):2万6,000 円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):3万円
・生命保険料:8万2,000円
・日用品代:2万5,000円
・医療費:9,000円
・教育費(保育園代):7万6,000円
・交通費(通勤費含む):3万7,000円
・被服費:1万円
・交際費:1万5,000円
・娯楽費: 2万円
・こづかい:10万円
・その他(使途不明含む):8万2,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ