趣味

貯めた「マイル」はどうなる? 各航空会社の対応と取りうる対策

電子マネーに交換することができる

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

ゴールデンウィークが目前に迫っていますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、旅行の計画を断念された方がほとんどだと思います。コロナ禍終息の見通しが立たない今、ゴールデンウィークどころか、夏休みの旅行の計画すら立てるのが難しい状況です。
 
こうなってくると気になるのが、これまでに貯めた航空会社のマイルの有効期限です。マイレージをたくさん貯めたはいいが、新型コロナの影響でマイルを使う場面がなくなってしまい、せっかくためたマイルが有効期限切れになってしまうのではないかと心配している方も多いのではないでしょうか。


大手2社の対応

JALとANAの国内大手2社は、マイレージ会員に対して以下のような救済措置を講じています。

【JAL】
2020年2月から2020年7月末までに有効期限をむかえるマイルとeJALポイントについて、有効期限1年間のeJALポイントを積算。有効期限をむかえたマイルは、1マイルを1.5eJALポイント換算として、eJALポイントを積算。有効期限をむかえたeJALポイントは、同数のeJALポイントを積算する。(要事前登録)
 
【ANA】
2020年3月31日から2021年2月28日までに有効期限をむかえるマイル、ANA SKYコインについて、2021年3月31日まで有効期限を延長。(事前登録は不要)
 
JALは有効期限が切れたマイルをeJALポイントに換算して、期限を延長する一方、ANAはそのまま有効期限を1年を延長する形です。2社で対応が少し異なるので、両方でマイルを貯めている方は少し注意が必要です。ただ、せっかく貯めたマイルが無駄になってしまうような心配はひとまず回避できそうです。
 
デルタ航空やユナイテッド航空は、上級会員資格の有効期間延長措置を発表するなど、海外の航空会社もマイレージ会員に対して柔軟な対応を取っています。
 
マイルが失効してしまう心配はひとまずなさそうですが、新型コロナウイルスの感染拡大がいつ終息するのかは、いまだに見通しが立ちません。これまで通り飛行機に乗るのはしばらく先だなと考えている方は、JALならWAON、ANAなら楽天edyと貯めたマイルを電子マネーに交換するのがいいかもしれません。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ