趣味

スペインで久保建英選手のプレーを生観戦、いくらかかる?

費用をシミュレーション

来シーズンからスペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」のレアル・マドリード・カスティージャでプレーする久保建英選手。彼のプレーを生で見たいサッカーファンの方も多いことでしょう。しかし、そのコストも気になるところではないでしょうか。

そんなみなさんのために、今回の記事では、スペイン在住の筆者がカスティージャのゲームを見るための費用を試合のあるエリア別に紹介します。旅行シーズンによって宿泊費などは変動しますが、コストのおおよその目安としてお役立てください。1ユーロ=130円として計算。また、宿泊費はBooking.com、交通費はスペイン国鉄(RENFE)公式WEBサイトを参照しています。


カスティージャの試合観戦で注意するポイント

○○○
2019/2020シーズンに、カスティージャのライバルとなるのは19チームです。マドリード市内と、カスティーリャ・イ・レオン地方、ガリシア地方、そしてエストレマドゥーラ地方の4つのエリアに対戦相手がいます。日本ではあまりなじみのない、小さな街もいくつかありますが、基本的にどの街も列車あるいはバスでアクセス可能な、交通の便のよい場所がほとんどです。

なお、カスティージャの試合を観戦するにあたり、気を付ける必要があるのは以下の点です。

1.カスティージャのホーム・スタジアムは、マドリードにあるエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノです。サンティアゴ・ベルナデウではないので、ご注意ください。
2.しかし、カスティージャのホームゲームのチケットはレアルのソシオ(会員)に優先的に販売し、一般客が手に入れることはほとんど不可能。
3.一方、カスティージャがアウェーとなるスタジアムでは、通常通り観戦チケットを窓口で一般販売しているので、そこで購入することは可能。
4.チケット代金は一人10ユーロから15ユーロ。

つまり、基本的にスペインでカスティージャのゲームを見ることができるのは、このチームがアウェーの試合の時だけということになります。

ここからは、エリアごとにかかる費用をシミュレーションしてみます。

マドリード市内―宿泊費は高いが、楽しみも多い―

○○○
6つのライバルチームが集中しているマドリードは、もっとも久保選手のプレーを生で見るのに適した街です。この街で5日間過ごしながら、レアル・マドリード・カスティージャのゲームを見た場合、おおよその予算は上の表のとおりです。

マドリードで特に高いのが、宿泊費。3つ星以上のホテルに泊まるなら、1泊100ユーロぐらいと計算しておいた方が良いでしょう。とは言え、もしもマドリード市内に数多くある経済的なホステルやドミトリーに宿泊するのなら、このコストを抑えることができます。

加えて、マドリード市内での試合の場合、スタジアムがメトロ(地下鉄)やマドリードの近郊路線鉄道(セルカニア)から、遠い場所も少なくありません。そのため、タクシー代を含めたマドリード市内での交通費も多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

コストはかかりますが、その分プラド美術館など、見どころも豊富なのがマドリードの良いところなのです。

<写真:森田直樹/アフロスポーツ>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ