キャリア

英国風パブ「HUB」の株価がスポーツイベントのたびに上昇する理由

まもなくラグビーW杯

ラグビーワールドカップ日本大会の開催まで40日を切りました。大きなスポーツイベントを材料にして株価が上がる銘柄はいくつかありますが、英国風パブを経営する「HUB(ハブ)」もそんな銘柄の1つです。

店内に設置された大きなモニターでスポーツ中継を見ながらグラスを傾ける。おつまみも1品400~500円前後で、高くても800円程度。リーズナブルな値段で楽しめるスポーツバーというのが、平均的なハブのイメージです。だからオリンピックやワールドカップなど、国際的なスポーツイベントを材料に株価が上がりやすい特性を持っています。

2006年4月の上場から13年余りになりますが、時価総額は多少のデコボコはありながら着実な成長を遂げてきました。苦戦を強いられる企業が多い外食業界にあって、異色の優良銘柄なのです。


なぜ堅実な成長を続けられるのか

実は同社、2006年4月の上場以来、一度も赤字にも無配にもなったことがありません。飛躍的な成長はしないけれど、地道かつ着実に成長しています。多くの外食企業が大量出店・大量閉店を繰り返す中、ハブは「店長を任せることができる人材の成長ペースに合わせた出店」(同社広報担当者)を行っているそうです。

業績推移

このため、年間の出店数は多くてもせいぜい7~8。上場時に33だった店舗数が13年後の現在は109(7月末時点)ですから、年間の平均出店数は5。急成長とは無縁の会社です。

8月7日に公表した7月の月次実績は、既存店売上高が前年同月で97.6%。1年前をやや下回りましたが、今期は期初の3月から5月までは100%を超えていますし、6月は前年比82.9%と大きく落ちこんだように見えますが、去年の6~7月はサッカーのワールドカップが開催された月ですので、普段の状態に戻っただけと考えてよいでしょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ