結婚

収入格差で彼がいじけて…好きだけでは満たされない結婚を阻む男性のプライド

お金と男と女の人生ルポ vol.5

女性のほうが地位が高い、収入が多いということで卑屈になる男性は以前に比べれば減っています。それでも今なお、地位や収入に「プライド」をもつ男性も少なくはないようです。


結婚を前に収入がわかって

つきあって2年、2歳年上の彼と結婚を決めたナナミさん(31歳)。彼女は大学卒業後、医療品関係の会社で営業を担当、出張も多く多忙ですが給料も悪くなく、「仕事が大好き」だそう。一方の彼は中堅企業で契約社員として働いています。

「彼は新卒で、ある大企業に入ったんですが3年ほどで人間関係で傷つき、退職したそうです。でも今は技術職で働いている。結婚は私から言い出しました。彼は『お金がないから無理だよ』と言っていたんです。でも生活はふたり合わせればなんとかなるはず。そう言って口説き落としました(笑)」

何でも話し合ってやっていこうと決めたので、ふたりはそれぞれ給与明細を見せ合いました。そのとき彼の顔色が変わったのです。

「私のほうが年収にして200万円くらい多かったんですよ。私は出張も多いし、手当もけっこうあるので。それを見て彼が『すごく格差があるよね。オレのほうが年上なのに』と落ち込んでしまって。私はそんなことは関係ない、私はずっと働くし、あなただって今後状況が変わるかもしれないって必死に説得しました」

それでも彼は、子どもが産まれたらどうするんだ、老後はどうなるんだと嘆くばかり。非正規で働くことの悲惨さがよくわかった、現実を突きつけられたとぼやいていたそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ