趣味

無料で話題の「LINEカーナビ」、運転中でもスマホに手を触れずに操作

システムはトヨタ製がベース

急な外出やドライブでもスマホが1台あればすぐに使えるのが「カーナビアプリ」の良さ。これまでも数多くのアプリがリリースされましたが、9月5日に満を持して登場したのがSNSアプリでおなじみの「LINE」が開発した「LINEカーナビ」です。

無料で使えて実はかなりの実力派、早速使ってみました。


シンプルでも実は中身が凄いナビ機能

まず、基本的な部分として、このアプリは通信料を除けば基本無料で使えるということです。

カーナビ機能に関してはトヨタが展開している「ハイブリッドナビエンジン」と呼ばれる技術をベースに開発されています。トヨタのシステムを使っていますので、ルート案内はもちろん、リアルタイムの走行情報などや外部からの情報を活用することで最適なルートを常に提案してくれます。

また地図も自動更新されるので特に操作は不要です。主要道路は最短即日、平均1週間で更新されます。そしてその更新料も“無料”です。

これらは昨今流行りの「ビッグデータ」というものを活用するわけですが、ユーザーは「そんな難しいこと言われてもわからない」と思う必要もないほど、簡単に操作することができるわけです。この敷居の低さがこのナビの良いところです。

渋滞情報も地図画面上にしっかり表示します

これは驚いた! 音声認識は「Clova」を活用

そしてLINEならでは、という部分が音声認識システムに同社のスマートスピーカーに搭載される「Clova(クローバ)」を使用する点です。

世に出回っているスマートスピーカーの多くは話しかけるとすぐに反応してくれるのが特徴ですが、この「LINEカーナビ」もスマホに向かって「ねえClova」と話しかけるだけでアプリを操作することができます。

ご存じのように運転中のスマホ操作は道路交通法では「ながら運転」に該当し違反となります。

しかしこのアプリの場合、音声のみでスマホに触れなくても起動しますので運転中の操作が可能になります。

具体的にはカーナビの目的地設定もこのClovaにお任せ。目的地の希望を話しかけるだけで候補を探してくれます。候補がいくつかあった場合、さらに番号を言うだけでルートを探索→案内開始となります。ここまでスマホの画面に触ることは一度もありません。

画面下のマイクのマークを押しても反応しますが、基本は音声のみで作動します

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ