結婚

みんなどうやって結婚しているの?普及しつつある「SNS婚」のリアル

デジタルネイティブ世代の新しい夫婦関係とは

人々の価値観が多様化し、「結婚」をしない人生を歩む人も多くなっています。

恋人・パートナーがいなくても、自由に生きられればそれでいい。あるいは、ともに人生を歩む恋人・パートナーがいる人でも、結婚せず、お互いの生活を尊重し合って生きていきたい。

そのような結婚にこだわらないライフスタイルも「普通」になりつつあります。

他方、「結婚したい」と思っている人も少なくありません。でも、「自分に合う人にめぐり会えない」ために、独身でいる人が多いのが現状です。

そのような中、最近ではSNSを通じて出会って結婚する、いわゆる「SNS婚」が20代から40代で特に珍しいモノでなくなりつつあります。また、広義のSNS婚ともいえるスマートフォンのアプリケーションを通じた結婚紹介サービスも普及しています。

デジタルネイティブ世代に受け入れられつつあるSNS婚による新しい夫婦関係を探ります。


婚活の新しいカタチ―「SNS婚」普及の兆し

出会いに恵まれないために独身でいる人が多いという今の世の中、結婚した人はどのような出会いによって結婚したのでしょうか。

第一生命経済研究所が10月に発行したライフデザイン白書2020「人生100年時代の『幸せ戦略』」によれば、どの年代においても、勤務先など仕事を通じた出会いが最も多いです。20代、30代では、学校での出会いが2割前後と、他の年代よりも高くなっています。

もう一つ、若者世代の出会い方で注目したいのが、「インターネットの結婚紹介サービス(無料アプリを含む)」です。

実際には4~5%という数字ではありますが、最近、若者の間で急速に認知度が高まっており、数字以上に存在感がある印象です。結婚を目的としたマッチングアプリには様々な種類があります。友人や職場の同僚・先輩などから紹介されて「普通に」活用している若者も多いようです。

こうしたマッチングアプリによる婚活は、大勢のアプリ登録者中から「フィルタリング機能」を使って、価値観や趣味が似ている人を「効率よく」「確実に」探し出し、結婚相手の候補者を選ぶことができます。

そのため、自分に合う人とめぐり会う可能性も高くなります。「自分に合う人にめぐり会えない」「出会いがない」ために結婚できないという人が多い中、マッチングアプリは出会いの機会を提供する一つの有力なツールとして、デジタルネイティブ世代の間で広がりつつあるようです。

結婚相手との出会い

資料:第一生命経済研究所「人生100年時代の『幸せ戦略』―全国2万人調査からみえる多様なライフデザイン」東洋経済新報社2019年

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ