趣味

大阪のホテルが供給過多? ロイヤルパークは「都会のオアシス」のラウンジで対抗

ラグビーW杯・南アフリカ戦で沸騰の現場

都市部を中心にホテルが激増する中、ホテルにとって“差別化”は重要なワードです。他にはないコンセプトを打ち出し、選んでもらえるホテルになるという考えは理解できます。

客室数ベースでいえば増加するホテルの多くは宿泊特化型のホテル。宿泊に特化したホテルといえばビジネスホテルは定番ですが、「どこも同じような雰囲気」「低料金でもせっかく泊まるのならばテンションが上がるようなホテルがいい」という声は訪日外国人旅行者を中心に根強くあります。


ライフスタイルホテルが話題に

ホテルのセグメンテーションは価格帯によるものが一般的です。利用者からすると「この料金を出せる人はここへ泊まってください」「予算のない人はここへ泊まってください」と言われているようで、ある意味わかりやすいといえます。

ところが、最近“ライフスタイルホテル”というワードがホテル業界で話題になっており、価格帯などではなく趣味や嗜好などにフィーチャーしている点に特色があります。ロック音楽をテーマにしたホテル、環境コンシャスなテーマのホテルなど多様。

ホテルマンといえばダークスーツ姿が定番ですが、ライフスタイルホテルではジーンズなどカジュアルな姿のスタッフも時折見かけます。インテリアも特色があり宿泊+αの楽しさがあります。ライフスタイルホテルに必須なのは皆が集えるパブリックスペース。時には宿泊者が客室を離れ仕事を持ち込み、時にリラックスするラウンジであり、街中の人々が気軽に利用できるカフェやワーキングスペースにもなり、朝は宿泊者の朝食会場となります。

1

ホテルのラウンジでラグビー観戦

ライフスタイルホテルといえば先日印象に残る出来事がありました。大阪・北浜駅直結という立地で6月に開業した「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」でのこと。偶然、ラグビーワールドカップの日本対南アフリカ戦の日で、ホテル2Fのレセプションに続く「CANVAS LOUNGE」で試合放映が催されるといいます。DJブースもあるポップなラウンジはまさにライフスタイルホテルのイメージですが、この日は常設されている120インチに加え165インチのスクリーンが設置されました。

3

開始時刻が近づくと人々が押し寄せ、試合が進むにつれラウンジは大いなる盛り上がりをみせましたが、そこはさすがのホテル。カジュアルな雰囲気にあっても調度品や内装は高い質感を放ちます。ゆったりしたソファや余裕ある動線で、熱気の中にもどこかリラックスした空気。通常でもドリンク・スナック共に全て500円で提供されますが、いつもにも増して広々したカウンターが多忙を極めたのは言うまでもありません。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ