結婚

不倫の結末、うまく行っていると思ったのに現実は…36歳女性の後悔

お金と男と女の人生ルポ vol.31

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

「不倫でもいい。私が愛した人が結婚していたというだけのこと」ときっぱり言う女性がいます。それは潔いのですが、最終的に後悔する結末を迎えることもあるかもしれません。


離婚は望んでいなかった

ヨウコさん(36歳)は、6年間、既婚の彼とつきあってきました。5歳年上の彼は再婚で、今の妻との間には10歳になる娘がいます。

「知り合ったとき、私は既婚者とはつきあいたくないとはっきり言ったんです。そうしたら彼は、『結婚と恋愛は違う。オレはもう離婚したくはないけど、きみが最後の恋愛相手だと思ってる。好きなんだ。きみがいないとオレの人生は成立しない』と猛烈プッシュしてきて。大げさなことを言うんですよ。きみなしでは生きていけないだとか。でもその言葉に心動かされたのは確かです」

彼とは同じ職場でした。その後、彼はヘッドハンティングで転職、仕事のできる人だったそうです。それも彼女にとってはポイントが高かったよう。

「仕事ができる男性は魅力的なんですよね、やはり。彼にはリーダーシップもありました。人を惹きつける何かがあった」

断っても断っても「好きだ」と言い続ける彼に、徐々に心を許し、根負けする形でつきあうようになりましたが、つきあっている間はとても幸せだったとヨウコさんは言います。

「忙しい彼に時間を合わせていましたが、彼はそのこともよくわかっているようで、ときどき『いつもごめんね』とサプライズでプレゼントをくれたり、週末などは突然、夜中に『これからドライブに行こう』と誘ってくれたり。彼の出張で会えなかったときは、出張先からきれいな花束が届いたりもしました。いつでも愛されているという実感があった」

不倫でもいい、私は彼が好きと思い始めたのはつきあって2年ほどたったころだそうです。もともと結婚願望が強かったわけでもないので、仕事をしながらずっと彼と関係を続けていく人生もアリだなと考えました。

「子どもがほしいなら産んでもいいよ。オレ、認知もするし全面的に協力するよと彼は言っていました。ただ、私自身がどうしても子どもがほしいとは思えなかった」

彼との関係はちょっとやそっとでは壊れない。彼女はそう確信していたそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ