趣味

レクサスGSが生産終了 “最後”だから実現できた特別仕様車を6月1日から販売

Fの魂と贅を尽くした装備が満載

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

レクサスブランドの日本導入時からのモデルであるグランドツーリングセダン「GS」が8月に生産終了することがアナウンスされました。これに合わせて今までには無かったまさに“特別なGS”が発売されます。


日本のレクサスブランドを牽引した重要なモデル

レクサスGSは1993年に初代が誕生しました。但し、これは北米市場がメインで日本ではその頃「アリスト」の車名で販売され高性能スポーツセダンとしてヒットモデルになりました。

日本では2005年8月30日のレクサス開業日にSC430と同時にデビュー、ハイブリッドモデルも2006年3月にレクサスブランドとして始めて投入するなど常に先進技術を採用しつつ、メルセデス・ベンツやBMWなどの欧州勢と競い合ったモデルです。

イメージカラーのグラファイトブラックガラスフレークを含め全8色のボディカラーを設定します

専用のブラック&フレアレッドとレッドステッチを持つディンプル本革ステアリング

特に走りにこだわった4代目

ライバル車が増える中、レクサスいえども安穏とはしていられません。現行モデルは2012年1月にフルモデルチェンジを行いましたが、歴代モデルの中でも最も走りに対するこだわりが強く、マスタードライバーでもある豊田章男氏(トヨタ自動車社長)の強い思いの元に開発されました。聖地とも言われるドイツのニュルブルクリンクを始めとする世界各地約100万kmを超える走り込みにより生まれた傑出したハンドリング性能はもちろん、時代に先駆けた先進安全装備の積極採用やアップデートなども行い、走行性能/安全性能/環境性能を常に高い次元でまとめています。

シートも本革のブラックとレッドステッチをあしらえた専用品を装着します

メーターフードとインパネ上部になどには専用のアルカンターラ表皮&レッドステッチで仕上げます

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ