講演会の際に、東北地方のあるエリアの地域結婚相談センターの方からこんな悩みを打ち明けられました。

「男性会員から女性会員へのお見合いの申し込みによって、ある程度のお見合いは成立してはいる。ただ、男性側からの「結婚したら自分の実家で同居してほしい」という希望がカップリング成立の壁となっている。男性の実家から女性の勤務先への通勤が不可能なケースでの発言が多く、『最初から私が仕事を辞める前提での交際は、やはり考えられない』『私の今の仕事のこともプロフィールに書いてあったはずなのにどういうつもりなのか』という苦情に近い相談さえもでている」

親との同居については、経済的なメリット、そして、夫婦2人のどちらか一方とその親だけはこれまで生きてきた環境を死守できる、という環境メリット(一方、パ―トナー側はこのメリットを捨てることになる)の2つのメリットがあるということができます。

親と同居してほしい、という提案は、提案者側にそもそも何らかのメリットがなければ提案されることがないため、どちらかには捨てがたいメリットということなのでしょう。

しかし、その提案はパートナーにとっても同様に相応のメリットがあるものでなければ受理されることはまずありません。一方的なメリットしかないのであれば、同居条件付き結婚自体が破棄されることとなります。

では一体、どれくらいのカップルが親との同居付き結婚生活を送っているのでしょうか。

今回は、同居条件付きの婚活そのものの是非を語るのではなく、統計的に見た場合の「同居条件付き婚活の難易度」を皆さんとみてみたいと思います。


「親4人のうちの誰か」と同居している妻は19.8%

まずは、国の研究所が5年に1度実施している調査対象選定の信頼度の高い「全国家庭動向調査」の第6回調査(2018年実施)のデータを見てみたいと思います。1106の国勢調査区の中から無作為抽出した300の調査区に住んでいる結婚経験のある女性が調査対象となっています。このうち有配偶女性の有効回答数は6,142となっています。

さて、この6,142名の女性のうち、カップルの両親である「4人の親のうち誰かと同居」していると回答した女性は19.8%となっています。

5組に1組、といった割合ですので、5組に4組の夫婦は親の誰とも同居していない、という結果です。

「そもそも親が4人ともなくなっていたら同居しようがないじゃないか」
という声も聞こえてきそうですが、そのようなケースを除いた有配偶女性を抽出した結果となっています。

このような統計的な情報から考えるならば「相手が自分の親と同居してくれて当然である」という考え方で令和時代の婚活を乗り切ることは、前途多難といえそうです。

相手がその他の条件をすべて無視してお見合いしていたとしても、少なくとも5回のお見合いのうち4回以上は、この提案によってだけでも玉砕してしまう可能性があるかもしれません。

また、親と同居していると回答した19.8%の女性のうち、すべての女性が最初から同居OKだったわけではなく、夫婦のどちらかが病に倒れたなど、やむを得ない状況で同居に至っているケースも考えられます。

そう考えると親との同居条件はかなりハードルの高い条件であるといえます。本人だけならまだしも、その親までもこの条件に固執する場合は、困難な婚活を覚悟する必要がありそうです。