日本はもちろんグローバルでも大人気のSUV、トヨタRAV4に待望のPHV(プラグインハイブリッド)車が追加設定され6月8日から発売を開始しました。シリーズの最上位モデルとなるこのPHV、単なるエコ性能だけではなく、もうひとつの“顔”を持っていました。


デザインや寸法は?

まずボディですが、ベースとなったRAV4と比較しても寸法自体はほぼ変わりません。全長4,600mm、全幅1,855mmは同じ。全高と最低地上高はボディ中央下部に大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することでそれぞれ5mmずつ増えており、全高は1,690mm、最低地上高は195mmとなります。

エクステリア、インテリアに関しても細部に専用パーツを施すことでひと目でPHVとわかる先進性やスポーティ感を演出しています。

フロントグリルやロアモールをなど専用デザインとします

特に最上位グレードである「BLACK TONE」にはルーフやドラミラー、さらにボディ下部を専用色である「アティチュードブラックマイカ」でコーディネート、専用アルミホイール&19インチタイヤも搭載することで差別化を図っています。

スポーツカーも驚きのハイスペック

最大の特徴とも言えるのがパワートレーンです。2.5L直4エンジン+モーターの組み合わせは同じですが、前後に搭載されるモーターのうち、フロントの出力をハイブリッド車の88kw(120PS)から134kW(182PS)に、最大トルクも202Nmから270Nmに向上。インバーターも強化されたことでシステムの最高出力は225kW(306ps)となっています。

GA-Kプラットフォームにプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載します

PHVは前述したリチウムイオンバッテリーの搭載などで車両重量は同グレード比で210kg増となっていますが、それをものともしない圧倒的なパフォーマンス。0-100km/hの加速は6秒と国内で販売されているスポーツカー並み、SUVではトップクラスの性能を有しているのです。