新型コロナウイルスは、私たちの生活を一変させました。あらゆる行動の自粛を余儀なくされ、経済的にも厳しさが増す一方です。在宅勤務で仕事はあっても、残業代が入らず、実質給与が目減りしている人も多いようです。さらに派遣の雇い止め、パートは無給で自宅待機なども。収入の低下は、夫婦間の諍いの元にもなります。


夫の借金が発覚

「貧すれば鈍するって本当ですよね。特にストレスに弱いうちの夫を見ていると、イライラしてきます」

ハツネさん(39歳)は苦渋に満ちた表情でそう話してくれました。結婚して10年、8歳と4歳の子をもち、パートで働きながら家庭を大事にしてきたのだといいます。ところが、このコロナ禍で、6歳年上の夫は在宅勤務となり、残業代がほとんど入ってこない状態です。

「夫は出張が多かったので、残業や出張手当が意外と入ったんです。逆にいうと基本給は高くない。そういうシステムの会社でした。今回、家で仕事をするためにネット環境を整えたりして、かなり出費がありましたけど、それは会社は補填してくれないとか。出ていく一方で実入りが少なくなり、ボーナスも期待できません」

ハツネさん自身も、4月から自宅待機を命じられました。6月に入っても、職場は以前のようには機能していないようです。

「夫の精神状態が不安なんですよね。4月の半ば過ぎくらいから夫はかなりストレスがたまっているようで。子どもに声を荒げたり、大きな音をたててドアの開閉をしたり。もともと穏やかな人なんですが、かなり変わった」

連休前に、ハツネさんは夫とじっくり話し合いました。夫はとにかく収入減を気にしていたそうです。結婚3年目に中古ながらマンションを購入したので、そのローンもあり、夫は過剰なほど収入を気にしていました。

「もちろん余裕なんてないけど、なんとかふたりでがんばっていこうよと言ったんですが、なぜか夫は心ここにあらずという状態。ひょっとしたら何か隠しているのかもと問いつめてみたら、なんと夫は借金をしていたんです」

小遣いでは足りず、少しずつキャッシングしていたようですが、それが300万円にふくれあがっていました。後輩を誘っては飲みに行って奢ったりもしていたそうです。

「後輩たちに慕われているんだと思っていたけど、実際には金の力だったのかもしれません。きちんと人間関係が築けていたのだろうかと心配になりましたが、それを言ったら激怒されて……」

このままだと借金返済が追いつかないと夫は苦しんでいたのです。今までは会社に頼んで残業代の一部を夫自身の別の口座に振り込んでもらっていたことも判明しました。