はじめに

このコロナ禍において、お金が重要だと改めて痛感した人は多いかもしれません。「世の中、金があれば99パーセントのことは解決する」と言った知人がいます。ただ、どうがんばっても収入が増えないケースもあるし、会社員だから自分ではどうにもならないこともあります。少なくとも、自分の食いぶちくらいは自分で何とかすると心がけておく必要がありそうです。


彼と同棲を始めた矢先に

昨年12月に彼と同棲を始めたというアキコさん(34歳)。5歳年下の彼とは2年のつきあいで、アキコさんの賃貸住居が更新になったのを機に、一緒に住むことを提案されたのだそう。

「一緒に住めば経済的かなと思ったんですよ。更新するにしても更新料が必要だし、新たなところを借りるには敷金礼金がかかるし。彼のところは古いけど広い1LDK。お互いに昼間は仕事だし、ふたりならじゅうぶん暮らせるよと言われて決心したんです」

持ち物を大幅に断捨離し、身の回りの最低限のものだけをもって彼の部屋へ。最初はふたりで楽しく暮らしていました。それがこのコロナウイルス感染拡大によって一変します。

「私は契約社員なので、真っ先に自宅待機。彼は違う会社の正社員で、在宅勤務になりました。私のほうは給料もほぼ出ない状態。うろたえていたら、彼が『いいよ、俺が食わせてやるから』って。ちょっと気になる発言だったんですが、それでも頼りになるのは彼だけですからね」

お金をもらって関係性が変わり始め…

多少の貯金はありましたが、将来のことを考えると取り崩すわけにもいかず、アキコさんは彼からお金をもらって家計をやりくりすることにしました。それまでは食事も、できるほうがやっていましたが、アキコさんは「住まわせてもらっている」負い目を感じ、自分がやると引き受けます。

「夫と専業主婦みたいな感じになりまして。彼のほうも稼いでいるのは自分だから、という気持ちが強くなったんでしょうね。なんだかエラそうになっていきました。『コーヒー』『そろそろ昼飯』と、単語で命令するように。父親がそういうタイプで本当にイヤだったので、私はだんだん気が滅入っていったんです」

会社に連絡して、自宅待機期間に他でアルバイトをする許可を得ましたが、なかなかアルバイトも見つかりません。

「たまたま近所のスーパーで荷出しのバイトがあったので、週に3日ほどやることにしました。時給も安かったけど何もしないよりマシですから」彼は、そんなことまでしなくてもと言いました。彼女の苦しさに気づいていなかったのです。