はじめに

ワインが届く珍しい優待銘柄

【巴工業(6309)】

化学工業製品の専門商社としての輸入販売と、遠心分離機を中心とする分離機器の製造販売の2つの事業を展開する、商社機能とメーカー機能を併せ持つ企業です。

株主優待ワイン(自社関連会社取扱商品)1本
最低投資金額18万8,800円(2020/8/24時点)
権利付最終日10月28日

自社関連会社で取扱いのワインがもらえます。株主優待でワインがもらえる銘柄はあまりありませんので、ワイン好きな人は必見ですね。こちらもどんなものが届くか楽しみな優待です。


今回のように、決算の数字を見て優待銘柄を選ぶというのもひとつの方法です。「経常利益」は本業での利益から本業以外での収益や費用を反映させたものになりますので、企業の実力を見るには良い指標になると言えるでしょう。優待内容を見て銘柄の目星をつけてから決算をチェックしてみるのも良いですし、他にも気になる10月の優待銘柄がないかぜひ探してみてくださいね。

※上記は10月優待銘柄の中で、2019年9月27日から2019年10月の権利付最終日にかけて松井証券店内での現物買越人数が多い上位5銘柄です。(2020年の中間決算で経常利益が赤字の銘柄およびREITを除く)
※優待内容は株主優待取得に必要な最低購入株数、および保有期間の場合のものです。
※株主優待の内容は変更される場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等をご確認ください。