はじめに

まだまだ気が抜けないコロナ禍において、三密を避けられる観点から再度クルマに注目が集まっています。その中、行楽シーズンを迎え、人気の「車中泊」に対応するクルマとしてオーテックがミニバンをベースに開発したのが「マルチベッド」シリーズです。


カスタマイズのプロ企業が手がける

今回紹介する「車中泊」モデルは日産の関連会社である「オーテックジャパン」が手がけました。同社は特装車と呼ばれる車両の開発や販売を行う企業ですが、「オーテック」「NISMO」といったブランドのカスタムカーや「ライフケアビーグル」と呼ばれる福祉車両、そして企業からのニーズに合わせたプロ向けの「商用特装車」も設計・製造します。

そしてこれまで蓄積してきたノウハウをこの「車中泊」モデルでもいかんなく発揮したのが「マルチベッド」シリーズなのです。

NV350キャラバン:ベッドだけでなく部屋としても使える

最初に紹介するのは大型商用バンとしてプロの現場でも高い評価を受けている「NV350キャラバン」です。

元々NV350キャラバンは多彩なラインナップを持つモデルですが、「マルチベッド」は5名乗り2列のシート構造とすることで荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムと硬質のフロアパネルを装備しました。

ベッドとしてのサイズは横幅は1,510mmm、奥行きは1,760mmと余裕があります。

またこのベッドは3分割することが出来るのでベッド以外にもベンチとしてアレンジすることができます。つまり、車中泊をする前にアクティビティを楽しむ際の休憩スペース、つまり部屋としても使うことができます。さらにオプションの可倒式テーブルを設置すれば食事のほか、仕事だって行うこともできます。

ベッドの真ん中を外せばベンチとして休憩時などに使うことができます

多彩なアレンジによりベッド自体も荷室の両サイドに折りたたんで格納できますので普段は多くの荷物を積載することも可能です。

このほかにもウェットスーツなどを掛けたりすることができる「サイドマルチパイプラック」などのオプション類も充実しています。

車両価格は340万3,400円からになります。