はじめに

メルセデスには一番小さなGLAから一番大きく高級なGLSまでセグメントごとに隙間無くSUVがラインナップされています。今回は下から2番目のGLBという“小さくても機能たっぷりのSUV”を走らせてみました。


最大の売りは3列7人乗車

メルセデスのGLクラスと言えばSUVを表す車名で、そこにAの文字が付けば、もっともコンパクトなSUVと言うことになります。そして今回はGLBですから、GLAより大きく、上に控えるGLCよりも小さいSUV(それでも国産と比べれば大きいのですが)で、その間を埋める役割があるということになります。そこでGLBの役割ですが、下から2番目の大きさでも3列シートで7人乗車を可能にしたと言うことです。

実はGLAにもGLCにも3列シートの用意がありません。そこでメルセデスの小さめのSUVの中で7人乗車を可能にしているという点ではGLBには立派な役割があると言えます。ちなみに上のクラスではGLEは7人乗車が出来ますが、そこまでクラスを上げると価格は954万円(GLE300d)以上と言うことになり、ほぼ1,000万円オーバーのモデルしかありません。その点GLBは512万円(GLB200d)から696万円(GLB250 4マチック)というラインナップですから、リーズナブルといえるかもしれません。それでも中身やブランド力はメルセデス基準ですから、満足度は高いということになります。

こうした役割を持ったGLBですが、その骨格とも言える基本コンポーネンツは5人乗りのGLAとほぼ共通です。そこに3列シート7人乗りのボディを与えたと言うことになると「どうせ無理に7人乗車にしたのだから、けっこう窮屈でしょ」という心配が出てきても不思議ではありません。世の中にはそうした成り立ちのクルマもけっこうありますから、そうした懸念は当たり前だと思います。しかし、GLBは単純にGLAのボディのまま3列シートをぶち込んだわけではなく、一回り大きな専用デザインのボディを与えました。とくに3列シートを実現するために大きな意味を持つ前後の長さを比較すると20センチ長くなっています。この3列シートを実現するための条件をクリアした上で、高さも9.5センチ高くなっているのです。