はじめに

世界に誇るオープンスポーツカーであるマツダ ロードスター。イメージ的にはやはりMT(マニュアル)車ですが、実はAT車も魅力満載。900キロ近く走ってわかった実力をお伝えします。


実は売れているAT車

「スポーツカーと言えばマニュアル車だよね」。昔ほどではありませんが、まだまだそういう声は多く聞かれます。ただ、日本の自動車免許事情を見ると地域差はありますが、AT限定免許の保有率は年々上昇していることもわかっています。

話をロードスターに戻すと、このクルマには今回試乗した「ソフトトップ」と電動でルーフが開閉する「RF」という2つのモデルが設定されています。その中でソフトトップのMT/AT比率はおおよそ75:25。RFになるとその比率はおおよそ50:50に変化します。

もちろん今の日本の自動車販売から考えても75%もMT車が売れているのは驚くべきことですが、やはりAT免許しか所有していなくてもロードスターのようなオープンカーに乗りたいというニーズは一定以上あるはずです。