はじめに

国内旅行の喚起を目的とした政府観光庁の「Go To トラベル」事業では、旅行代金の15%の「地域共通クーポン(紙クーポンと電子クーポンの2種類)」が配布されますが、JR北海道では紙の地域共通クーポン専用のおトクなきっぷ2種類を発売しています。また、関西エリア最大の路線網を誇る近畿日本鉄道では、期間限定で近鉄全線が3日間乗り放題となるおトクなきっぷを発売しています。

 「Go To トラベル」事業の利用者のみが使用できるおトクなきっぷに加え、「Go To トラベル」事業を利用して大阪・京都・奈良・吉野・伊勢志摩方面へ行く場合、近鉄電車と近鉄グループの関連施設が大幅な割引となる「近鉄全線3日間フリーきっぷ」を使ったおトクな旅も楽しめるというものです。北海道の旅では「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」や「Go To はこだてパスポート」を活用できます。

写真は釧網本線を走る快速列車。

※新型コロナウイルスの感染状況によって変更されることもありますので、使用前にご確認ください。


快速・普通列車が乗り放題の「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」

JR北海道では、北海道で利用できる「地域共通クーポン(紙クーポン)」を1名あたり1,000円以上持っていれば、JR北海道全線の快速・普通列車が1日間乗り降り自由となるおトクな「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」を購入することができます。快速・普通列車の普通車指定席は別に「座席指定券」を購入すれば乗車できますが、特急列車は利用できないので注意が必要です。

釧網本線の「SL冬の湿原号」別に座席指定券を買えば乗車できる

【利用・発売期間】2021年2月1日まで。Go Toトラベル事業の実施状況などにより変更となる場合もある
【ねだん】おとな2,000円、こども1,000円
【購入条件】パス1枚あたり1,000円以上の利用エリアに「北海道」が記載された有効期間内の「地域共通クーポン(紙クーポン)」が必要。おとなの場合はクーポン2枚またはクーポン1枚+現金1,000円での販売となる
【利用列車】JR北海道全線の快速・普通列車の普通車自由席
【発売箇所】JR北海道の主な駅、旅行センター