はじめに

昨年はブランド初となるBEV(電気自動車)「e-tron」を日本でも発売したアウディの新世代ブランド店舗「Audi House of Progress Tokyo」が1月14日にオープンしました。これまでのクルマを見るだけのショップとは異なり、ブランドの歴史やデザインについて最先端のIT技術を使うなどまさに未来を体感できる店舗のようです。


世界最初の店舗は日本

今回オープンしたこのブランド店舗はアウディが全世界展開する「House of Progress」の第1弾です。

オープンの前日に先駆けて、日本法人であるアウディ ジャパンは年頭会見である「Audi New Year Press Conference 2021」を開催、代表取締役社長であるフィリップ・ノアック氏が2020年の振り返りと同時に2021年に導入予定の新型車、また販売現場におけるデジタル化についてオンラインでの発表会を中心に記者会見を行いました。

世界に先駆けてオープンしたこの店舗は東京都港区南青山にあります。周辺は高級ブランドの店舗が建ち並ぶエリアで、アウディの持つブランドやライフスタイルの提案なども行いながらテストマーケティングなども含め、新たな魅力を発信しようという狙いがあります。

最新のデジタル技術を体験できる

「Audi House of Progress Tokyo」は地下1階、地上2階のビルでフロアごとにそれぞれのテーマを持って来場者を迎えます。

1階のエントランスゲートをくぐるとオリジナルサウンドが鳴り、エキジビションスペースには未来のコンセプトカーが展示されます。オープン時には「Audi Q4 Sportback e-tron concept」が展示されていますが、その後は「Audi e-tron GT」を予定しているそうです。

地下に降りるとギャラリーとイベントスペースがあります。アウディブランドの歴史や哲学、デザインについても知ることができますが、プロジェクションマッピングやジェスチャーコントロールを組み合わせることでAR(拡張現実)のように本が読めたり、壁に書かれたワードを指さすとそのワードに関連したアウディからの未来へ向けたメッセージを知ることができるアトラクション性のある展示も体験できます。ちなみにこの「指差し」に関してもフロア内に設置された多数のセンサーが指とワードを位置を認識、自動運転やHMI(ヒューマンマシンインターフェース)の未来を感じ取ることができます。

地下一階のギャラリースペースとイベントスペース

イベントスペースに関してはスケジュール等は未定ですが、アウディによれば、ドイツ本社でのワールドプレミアのライブストリーミングイベントやデザイナーやオピニオンリーダーを招いたトークショーやワークショップを開催するそうです。特に昨今オンラインによる発表会が多い中、演出面でも新しい手法が求められていますので、その点でも情報発信基地としての役割を果たすわけです。