キャリア

離婚が頭をよぎったら…ママのための資格と支援制度

お得な支援制度から社会保険まで

離婚が頭をよぎったとき、離婚後の生活とそのために必要な仕事と収入が気になるのではないでしょうか。特に子育て中のママの場合は、仕事にブランクがあるなど就職活動や今後のキャリアアップにも不安でいっぱい…。

今回は子育て中のママが離婚する場合、特に気になる就職活動に必要な情報について、ポイントをまとめてご紹介します。


ハローワークで面接対策やコミュニケーションのセミナー

小さいお子さまがいると就職活動も大変です。そんなときに助かるのがマザーズハローワークです。キッズコーナーの設置など子連れで訪れやすくなっていますし、就職活動や就職後に必要なスキルアップセミナーも開催されています。

<ハローワークで実施しているサービス(例)>
・応募書類の書き方や面接対策
・パソコン講習
・ビジネスマナーセミナー
・メイクアップセミナー、パーソナルカラーセミナー
・コミュニケーションのセミナー など

託児付きで無料で受けられるセミナーが地域によってあります。また、マザーズハローワークに限らず、ハローワークでは就職に必要な情報やセミナーなどもあります。是非足を運んでみましょう。

スキルアップや資格取得のための公的制度

「求職者支援制度」をご存知でしょうか?国の公的制度で原則無料で受講できます。求職者支援制度の主な対象者は、雇用保険に加入できなかった人、雇用保険受給中に再就職できないまま支給が終了した人、自営廃業者の人、専業主婦(夫)などが該当します。

(1)基礎から実践まで様々なコースを選べる
求職者支援制度は「基礎コース」と「実践コース」の2種類あります。基礎コースは2~4ヶ月、実践コースは 3か月~6か月が目安となり、下記のように様々な認定コースが開講されています。

<求職者支援制度 認定コース(例)>
・ビジネスパソコン基礎
・介護職員初任者養成
・エステティシャン養成、アロマ入門
・ネイリスト養成
・基礎から学ぶ経理事務
・WEBデザイン、HP企画
・花の販売・デザイナー養成 など

認定コースは、インターネットで「地域」「開校日」などで検索できますので、通うことができる地域でスキルアップをしたい内容のコースがあるか検索してみましょう。

(2)要件を満たすと給付金も
また、ハローワークの支援指示を受けて求職者支援訓練を受講し、一定の要件を満たす場合、「職業訓練受講給付金」(職業訓練受講手当・通所手当・寄宿手当)が支給されます。職業訓練受講手当は、月額10万円となります。受給できるかどうかの用件は必ず確認しましょう。求職者支援訓練はハローワークが窓口になり、スキルアップと就職活動の支援をトータルで行ってくれるありがたい制度です。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ