子育て

子供が高校生になったら始めたい、教育費の最終準備の方法

高校・大学でかかる教育費や仕送りの目安は?

子供が小さな頃から教育費の準備を進めていた方も多いでしょうが、子供が高校生になると、貯めていた教育費はついに“使う時期”に突入します。子供の進学を安心して応援するためにも、高校1~2年生の時点で高校や大学でかかる教育費の金額を再度確認し、補助金や奨学金についての情報収集を始めましょう。


高校生にかかる教育費は?

教育費を準備する際に、参考になるのが平均金額です。高校生の1か月当たりの平均教育費は、国公立が約3.8万円、私立が約8.6万円 となります。この教育費には、部活動や修学旅行費などを含む学校教育費と、塾代や習い事などの学校外活動費が含まれています。

図1

高校時代の主な教育費としては、学費、お小遣い、通学交通費、部活動や習い事などが挙げられます。臨時費用として、制服代や就学旅行代、部活動や習い事の合宿代・遠征費・物品購入費、塾代などが発生することも忘れてはいけません。

平均値はあくまでも参考とし、実際に予想される「我が家の教育費」を準備することが大切です。子供が所属する学校や部活、習い事に関する情報を集め、予想される出費を紙に書き出してみましょう。教材費や就学旅行代、合宿費など、不定期に発生する費用も多いです。毎月一定金額を「教育費用貯金」として生活費と分けて確保しておくと、急な出費にも対応しやすいでしょう。

高校3年生時に必要となる進学費用

大学や専門学校などへ進学する場合、高校3年生の時点から受験費用や入学金などのまとまった金額が必要となります。下の図2の通り、入学費用として約60万円~90万円がかかると予想されます。さらに、自宅外から通学する場合には、アパートの敷金や家財道具の購入費などでおおよそ40万円程かかることも覚悟しておきましょう。

図2 高校3年生時にかかる平均費用(進路別)

資料:日本政策金融公庫「平成29年度教育費負担の実態調査結果」 をもとに執筆者作成

教育費を学資保険などの貯蓄型保険やジュニアNISAで準備している場合、現金化できる時期を確認することも大切です。高校3年生の時点でまとまったお金を準備することが難しいときは、貯蓄型保険の「契約者貸付制度」や、勤務する会社の「従業員貸付制度」、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」 などを利用するのもひとつの手です。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ