はじめに

雄大な北海道の列車旅を楽しむには

北海道新幹線の開業により青函トンネルが新幹線・貨物列車専用となったため、本州~北海道間は「青春18きっぷ」では利用できなくなりました。蟹田〜木古内間相互の利用に限り特急列車の普通車自由席を特急券なしで乗車可能です。

現在は、津軽線青森~津軽二股(奥津軽いまべつ駅が隣接)間を「青春18きっぷ」、奥津軽いまべつ~木古内間を北海道新幹線、木古内~五稜郭間を第三セクターの道南いさりび鉄道、五稜郭~函館および道内各地を「青春18きっぷ」というのが唯一のルートとなっています。

「青春18きっぷ」と一緒に使用するオプション券として「青春18きっぷ北海道新幹線オプションきっぷ」(2,300円)が発売されていますので、北海道新幹線(奥津軽いまべつ~木古内間の乗車に限る)と道南いさりび鉄道(木古内~五稜郭間の通しの乗車に限る)を利用して本州~北海道間の移動ができます。

なお、北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」で奥津軽いまべつ駅と木古内駅の両方に停車する列車が1日7本と限られているほか、津軽二股駅を発着する津軽線の普通列車も1日5本というローカル線で、乗継時間が短いのは1日2本となるので注意が必要です。

津軽線普通列車

また、本州~北海道間には数多くの航空路が開設されていますので、往路はJRを利用し、復路は空の便でひとっ飛びというのもおすすめです。もちろん、往復航空機を利用し、道内をのんびり・ゆっくりと「青春18きっぷ」で巡ることもできます。