趣味

少額から購入できる!4月のグルメ系株主優待5選

実は優待制度があるお店かも?

4月は優待銘柄数が少ない月ですが、そんな時でも気に入る銘柄があるかもしれませんのでぜひチェックしてみましょう!今回は、手の届きやすい「30万円以下」で「食料品系」の優待を5つピックアップしてみました。普段利用しているお店に、実は優待制度が存在することもあるので、まずは知ることから始めましょう。

※写真はアイ・ケイ・ケイの株主優待でもらえる食事券が使えるレストラン


お菓子の詰め合わせとレストラン食事券がもらえる

アイ・ケイ・ケイ(2198)

九州などの地方都市を中心にゲストハウス・ウェディング形式の婚礼事業を展開している企業です。その他、葬儀事業や有料老人ホームなどの介護事業も行っています。

アイ・ケイ・ケイ

株主優待 最低投資金額 権利確定
(1) 自社特選お菓子(1,500円相当)
(2) レストランの食事代金優待券
7万3,500円(2019/3/1時点) 4月末

(1)のお菓子は、企業サイトを見ると美味しそうな焼き菓子の詰め合わせとなっています。毎年内容が変わるということで届くのが楽しみになりそうな優待ですね。レストランはフレンチの鉄人、坂井宏行氏が手掛けるレストラン等が対象となっており、ランチもディナーもお得な料金で楽しむことができそうです。

お肉好きにはもってこいの優待

テンポスホールディングス(2751)

飲食店向け機器販売を中核に、不動産物件情報の提供、メニュー開発や販売促進策の提案、また開業のため事業計画の立案支援などフードビジネスプロデューサー業を展開している企業です。

株主優待 最低投資金額 権利確定
「あさくまグループ」を含む自社協力企業の食事券1,000円相当×8枚 22万7,900円(2019/3/1時点) 4月末

ステーキのあさくまをはじめとする関連店舗で使える食事券が合計8,000円相当分もらえます。1人で何回かに分けて使ってもいいですし、家族や友人と一緒に使うのもいいですよね。ステーキのお店以外に、パン屋さんやカフェ、居酒屋など利用可能店舗はたくさんありますので、気になる方は企業のホームページを確認してみてください。

様々な種類のドリンクの詰め合わせ

伊藤園 第1種 優先(25935)

「お~いお茶」を主力とし、他に「充実野菜」や「タリーズコーヒー」などを製品ラインナップに持っている大手総合飲料メーカーです。2011年にはヨーグルトの「チチヤス」を完全子会社化しています。

株主優待 最低投資金額 権利確定
1,500円相当の自社製品詰め合わせ 24万500円(2019/3/1時点) 4月末

伊藤園の第1種優先株式は、伊藤園(2593)と比べ最低投資金額が半分程度になっており、議決権はありませんが、配当額が25%多い株式になります。議決権はいらない、また優待を目当てに買いたいという方はこちらを選ぶと良いでしょう。ドリンクの詰め合わせは、どなたにも喜ばれる内容ですね。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ