趣味

少額から購入できる!4月のグルメ系株主優待5選

実は優待制度があるお店かも?

あの珈琲ショップで優待が使える

東和フードサービス(3329)

喫茶店チェーンの「椿屋珈琲グループ」やケーキやパスタの「ダッキーダックグループ」、和自社製生パスタやピッツァが楽しめる「イタリアンダイニング ドナグループ」を運営している企業です。

株主優待 最低投資金額 権利確定
優待食事券500円相当×3枚 ※自社製品詰合せとの交換が可能 16万1,500円(2019/3/1時点) 4月末

高級喫茶チェーンの椿屋珈琲やダッキーダックなど、喫茶からお食事まで楽しめる店舗等で優待券が利用できます。ただ、お店は関東圏にのみ展開しているため、近くに利用店舗がない方は自社製品との詰め合わせに交換するのが良いかもしれませんね。なお、10月末にも権利確定がありますが、優待券が2枚に減りますのでご注意ください。

えらべる優待!メロン2玉も

ベルグアース(1383)

野菜苗の生産販売を中心とした、日本一の野菜苗生産量を誇るアグリビジネス企業です。野菜の接ぎ木苗生産に特化しており、生産性に優れた育てやすい野菜を作れる接ぎ木苗を1年を通して納品し、販売網を拡大しています。

株主優待 最低投資金額 権利確定
どれか1つを選択。
(1) メロン2玉セット(4,000円相当)千葉県産または熊本県産
(2) デリシャストマトジュース2本セット(3,000円相当)
(3)QUOカード(1,000円相当)
※2018年4月末基準日の内容
22万9,400円(2019/3/1時点) 4月末

普段自分ではなかなか買わないような高めの商品がもらえるのは嬉しいですね。QUOカードは優待でもらえる企業が他にもありますので、メロンかトマトジュース狙いの方が多いのではないでしょうか。企業サイトに昨年の優待品が載っていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

利用してみたい株主優待はありましたか?株主優待を始めてみるならまずは自分の生活圏内で使える優待を探すのがいいと思います。逆に普段利用している店舗から銘柄を探すというのもアリですよね。4月から新生活を始める方も多いと思いますが、新しく投資にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

※上記は権利確定が4月の優待銘柄のうち、最低投資金額が30万円以下の銘柄の中からQUICKリサーチネットの株主優待検索で優待内容のカテゴリが「食料品」または「食事券」である5銘柄をピックアップ。
※優待内容は株主優待取得に必要な最低購入株数の場合のものです。
※株主優待の内容は変更される場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等をご確認ください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ