趣味

タピオカブームに“本命”登場?ミスド「カラフル戦略」の勝算

4種の味を全国1000店で一斉発売

台湾発祥の「春水堂」が火付け役となり、昨年辺りから第2次ブームを迎えているタピオカドリンク。今年に入っても続々と新ブランドが日本に上陸していますが、その“本命”となるかもしれない大手チェーンが、ついにタピオカドリンク市場に参戦しました。

ドーナツ専門店チェーンの「ミスタードーナツ」は4月26日から9月下旬まで、全国の約1,000店で4種類のタピオカドリンクを販売します。競合がひしめく激戦市場で、後追いの立場からどう巻き返していくのでしょうか。4月23日に開かれた発売記念の乾杯式の様子から、ミスドの戦略を探ってみます。


定番に加えて3種の“変わり種”を展開

ミスドとしては初となる、タピオカドリンクの発売。今回提供を始めるのは、定番の「ミルクティ」のほかに、「抹茶ミルク」「マンゴーオレンジ」「ストロベリーソーダ」の4種類。価格はいずれも486円(税込み)となっています。

ラインナップ
色鮮やかな4種類の「タピオカドリンク」

これら4種類に共通する特徴は、タピオカそのものに色と味が付いていること。SNS映えするのはもちろん、先にドリンクを飲み干してしまったとしても、タピオカの味を楽しめる配慮が施されています。

4種類の中でも変わり種は、ストロベリー風味のタピオカに炭酸ソーダを注いだ「ストロベリーソーダ」。既存のタピオカドリンクでは無炭酸の飲み物が多いため、炭酸のシュワシュワとタピオカのモチモチが口の中で一体となり、これまでに味わったことのない食感が味わえます。

ドーナツ
ドーナツには定番の「ミルクティ」が合いそう?

「マンゴーオレンジ」はオレンジジュースの中にマンゴー風味のタピオカが入ったもので、夏っぽいさわやかな後味が印象的。「抹茶ミルク」はコクのあるミルクの中にほろ苦い抹茶風味のタピオカが入っており、少し大人な味わいになっています。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ