生活

夏の電気代はエアコンの割合が半分以上、跳ね上がる電気代の節約術

季節到来!エアコンの使い方を見直そう

日頃、節約をあまりしていない人でも、夏や冬のエアコンを使う時期の電気代の高さが気になるのではないでしょうか。省エネになってきたとはいえ、エアコンの電気代はまだまだ高く、北海道を除く日本各地の平均で、夏の電気代全体の中に占めるエアコンの電気代は58%となっているのです。(資源エネルギー庁・省エネ性能カタログ2015年夏版より)

これだけの割合を占める夏のエアコンの電気代、使い方を少し見直せば、電気代全体を節約することもできます。ということで今回はエアコンの電気代の節約方法を紹介したいと思います。


エアコンは最新機種に買い替えるのが節約になる?

最近の家電は省エネになっていると聞くと、「やはり節約のためにはエアコンを最新機種に買い替えたほうがいいのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか。そうなると何年に一度買い替えるのがいいのか、実際にどれくらい電気代の節約になるのか気になってくるところだと思います。

そんな人におすすめなのが、今使っているエアコンと新しいエアコンの電気代を比較できる「しんきゅうさん」というサイトです。これは環境省の地球温暖化対策活動COOL CHOICEの一環として公開されていて、エアコンの型番を入力することによって電気代の比較ができます。また今年は単独アプリとして「カメラ de しんきゅうさん」もリリースされたので、より簡単に調べることができるようになりました。

ここで気を付けなければならないのは、比較するのはあくまでも使用している時間の電気代です。当たり前のことですが、新しいエアコンの購入費用、古いエアコンの処分費用も考えなければなりません。毎日長時間エアコンを利用する人とあまり利用しない人とでは買い替えによる節約度合いも違ってきます。それも踏まえて買い替えを検討してください。

エアコンの電気代節約には掃除が必須

意外と多くの家庭で見落とされているのがエアコンのフィルター掃除です。筆者がテレビ番組のロケなどで一般家庭に行きエアコンを開けて見ると、全面にホコリがこびりついているフィルターが出てくることが多々あります。ホコリがこびりついていると中からの冷風が出る場所を失い、冷えなくなるので設定温度を下げることになり、余計に電気代がかかってしまいます。

最新型で自動で掃除してくれるタイプのエアコンであればよいのですが、そうでない場合は手動でフィルター掃除が必要です。

エアコンのフィルター掃除
エアコンのフィルターは定期的に掃除

また忘れられがちなのが、エアコンの上部の掃除です。なかなか見る機会がないと思いますが、エアコンの上部はふさがっているのではなく、空気が出入りするようにオープンになっています。最近では100円ショップでも柄の長い掃除グッズなども売られているので、うまく利用して手の届きづらいところも掃除するようにしましょう。

エアコンの掃除
見落としがちなエアコンの上部

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ