生活

メルカリで新品でないと売れないもの、場合によってはペナルティも

その出品は大丈夫?ルールを確認しよう

出品を考えている物の中には、新品でないと売れないものがあります。下着や子どもの学生服、体操着、スクール水着などです。

特に水着はこれからの季節に需要が高まりますが、出品すると削除対象となり、場合によってはペナルティを受けることもあります。

何でも売れるというイメージがあるメルカリ。確かに色々な物が出品されていて、私自身も欲しい物があると「とりあえずメルカリで探すか〜」となります。でも、何でもかんでも出品していいわけではありませんね。

メルカリのルールとして出品禁止物はちゃんと決まっていますし、逆に「新品なら出品してもいい」となっている物もあります。逆に、新品以外を出品してしまうと商品を削除されたり、場合によってはペナルティを受けることもあるので注意が必要です。

そこで今回の記事では、新品でないと出品できない物、つまり新品なら出品してもいい物を紹介していきます。


学生服

学生服は卒業すれば使わないので、メルカリで売れないかなと思うのですが、使用済みになると出品ができません。実は買いたい側からすると中古の学生服が出品できないのはちょっと悔しいですね。

学校によってデザインが異なると買い手がつきにくくなりますが、私の息子は学ランを着ているので、全国どこでも形は同じです。途中でサイズが合わなくなって買い替える必要が出た場合、中古でいいのになと思うこともありました。

おそらく私のようなママはたくさんいると思うのですが、男子が着る学ランであっても、一度使ってしまうとクリーニングに出したとしても出品ができません。

ちなみに、新品なら出品ができることになるのですが、そもそも制服を新品で持っている人がいるのか?という疑問が出てきます。メルカリを見ると制服自体は出品されていて、実は学校で使うのではなくコスプレ用なんですね。なのでハロウィンの季節になる出品数も増えます。

体操着

体操着も学生服と同じように学校によってデザインが異なることが多いです。なのになぜ出品禁止物として明記されているのかというと、中古の体操着は違った意味を持ってしまうからです。たとえば女子高生が使った体操着となると、体操着そのもののではない価値がついてしまいます。

メルカリで売れない体育着

これに関してはスクール水着も同じです。いくら匿名配送で個人情報が相手に伝わらないといっても、売るという行為が問題視されてしまいます。

犯罪につながらないとは言い切れないので、少しでも危険な要素を含む場合には出品ができないようになっています。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ