趣味

漫喫と何が違う?ウワサの「マンガホテル」に行ってみた

一晩中マンガ漬け“漫泊”のススメ

“本の街”、東京・神保町に今年誕生した「マンガアートホテル トーキョー(MANGA ART HOTEL,TOKYO)」が人気を呼んでいるそうです。マンガの世界に浸ることを目的にしたカプセルホテルで、オープン以来の稼働率はほぼ100%。英語版の作品もそろえ、外国人客からも好評です。

楽天の元・営業マンらが起業、運営しているというこのホテル。従来の漫画喫茶とは何が違うのでしょうか。


ありそうでなかった漫画ホテル

「マンガアートホテル トーキョー」は、神保町のビル内に2月に開業。男性フロアと女性フロアに分かれ、ベッド数は35。共用のシャワーや洗面所、バルコニーなどがあります。

フロアは白で統一され、天井まで届く本棚にゆったりとマンガが陳列されています。棚の裏手や隙間にランダムにカーテン付きのベッドスペースが配置され、秘密基地のような雰囲気を出しています。

内部
マンガに囲まれるように配置されるベッドスペース

マンガの蔵書は日本語の作品4,000冊、英語版1,000冊。フロアによって男性向け、女性向けと選書を変えており、お互いのフロアを行き来することができます。マンガ好きのスタッフらが選りすぐった作品だけあって、普段あまりマンガを読まない記者でも思わず手に取りたくなるタイトルが並んでいました。

選書の基準は、“装丁のアート性”と“内容のアート性”といいます。運営するdot共同代表取締役の御子柴雅慶さんは「マンガのキュレーションこそがうちの価値。5,000タイトルを読んで、装丁にインテリア性があり、読んで感情を揺さぶられるようなものだけ700タイトルに絞りました」と話します。

ベッド
漫画の装丁が映えるように白で統一されたフロア

時間単位で利用する一般的な漫画喫茶とは違い、ここは旅館業法に基づく宿泊施設。人の出入りや物音に気を取られず、一晩中マンガに熱中することができます。「漫画喫茶では人の往来や安全性が気になったりしますが、ここは宿泊客しか入れません。子どもの頃、押し入れにこもってマンガを読んでいた感覚で、読書に没頭してもらえます」と御子柴さん。

宿泊客は早々とパジャマに着替え、お気に入りの作品を持ち込んで、ベッドにこもります。平均で10冊程度の漫画を読んで帰るそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ