趣味

16歳以上限定!沖縄に誕生した「大人のリゾートホテル」に行ってみた

意外と食事はリーズナブル

ホテル入門編として3回にわたり「ホテルの無料サービスを使いこなそう!」と題しお届けしましたが、今回からはホテル評論家オススメの特色あるホテルにフィーチャーし魅力を深掘り、ホテル探しの参考にしていただければと思います。

今回は7月20日に開業したばかり、沖縄に誕生した「大人のリゾートホテル」レポートです。


読谷(よみたん)の地で美しくしなやかに遊ぶ 

図2

美しい海と豊かな自然に囲まれた沖縄は人気リゾート地。観光客も増加しており多彩なホテルが誕生しています。ビーチや豪華な施設をウリにするホテルも多くあり、ファミリー層に人気。一方で、大人をターゲットにゆったりとした時間を提供するホテルも少しずつ増えており存在感を際立たせています。

今回紹介する「グランディスタイル 沖縄読谷 ホテル&リゾート」は、“ナチュラル”“繊細”というワードを想起する新たなコンセプトのリゾートホテル。

まず、特色として挙げられるのが滞在スタイルの自由度です。とかくホテルにアレンジされたような、決まった滞在時間になりがちなリゾートホテルステイですが、旅慣れた大人であれば自分流にアレンジしたいもの。

豊かな自然ばかりではありません。流れる時間もまさに“自然”。ここには大人が自然に愉しむ沖縄リゾートがあります。

男性には書斎デスク、女性にはドレッサー

図3

4タイプある客室にもこれまでのリゾートホテルにはなかったような特徴があります。男女それぞれが自分時間を過ごせるよう、男性には書斎デスク、女性にはドレッサーが用意されています。

書斎デスクはかなり本格的なもの、ドレッサーもデスクに使えそうなくらい余裕あるスペースです。滞在型客室に嬉しいミニキッチンも完備。

図4

筆者はかねがねホテルとフレグランスの親和性を提唱していますが、こちらの客室はシトラスウッドの香りが心地よく広がります。

海と読谷の豊かな自然を通り抜けて感じる海風をイメージしているオリジナルのアロマフレグランス。レモン、シダーウッド、ブルーサイブレスなど。爽やかでありながら甘みも感じる香りが安らぎの空間を彩ります。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ