キャリア

「空の上で飲めるタピオカ」をSNSのミクシィが発売した事情

タピオカ唯一の空白地に進出

第3次ブームを迎えているとされる「タピオカ」。都内の各所にショップが現れ、1日に1回はタピオカ入りドリンクを手に持つ若者の姿を目にするのが、日常茶飯事のようになっています。

そんなタピオカドリンクが唯一進出できていない場所がありました。それが飛行機の機内。しかし今月になって、ついに“空の上”にも進出を果たしたのです。

しかもその商品を販売しているのは、SNSサービスなどを運営する「ミクシィ」。いったいどんな狙いがあるのでしょうか。


羽田第1ターミナルで販売中

羽田空港・第1旅客ターミナルの南ウイング3階。ここに、ミクシィのエンタメ事業ブランド「XFLAG」が手掛けるスマホゲーム「モンスターストライク」のグッズなどを販売している、「XFLAG STORE + HANEDA」があります。

この店舗では、フタ付きボトル入りのタピオカドリンクを8月13日から売り出しています。味は「タピオカミルクティー」「タピオカほうじ茶ミルク」「タピオカ抹茶ミルク」の3種類。価格はいずれも650円(税別、以下同)です。

ボトル
左から「タピオカほうじ茶ミルク」「タピオカ抹茶ミルク」「タピオカミルクティー」

細かいルールは航空会社ごとで異なりますが、基本的に国内線の機内は飲料などの液体物の持ち込みが可能。フタ付きボトルに入っているので、搭乗前の手荷物を抱えた状態でもこぼしてしまう心配はありません。

店舗でドリンクを買うと個包装されたストローも渡してくれるので、街ナカで買う一般的なタピオカドリンクと同じように味わえます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ