結婚

夫婦2人の人生は長いからこそ考えたい、お互いが幸せになる条件とは?

長寿時代の夫婦のカタチ

精神的に自立した夫婦とは?

幸せな夫婦のカタチである「精神的に自立している」とは、どのような夫婦でしょうか。

「互いに精神的に自立している」という夫婦に、自らの夫婦関係の特徴をたずねたところ、「配偶者の健康を気づかっている」と答えた人が9割近くにのぼるという結果でした。この他、「困ったときに相談しあっている」「健康を気づかってもらっている」「夫婦が一緒に過ごす時間を大切にしている」の順でした。

ここで注目したいのは、「配偶者の健康を気づかっている」という割合が、「気づかってもらっている」よりも高くなっていることです。精神的に自立している夫婦は、まずは自分から相手を「気づかう」意識をもっているということが特徴です。

図3

「give」から始まる自立した夫婦関係

多くの人にとって夫婦とは、ともに生活する中で、健康を気づかい、悩みごとを聞き、喜びや悲しみを分かち合う存在です。ただし、男女間のギャップが存在しており、女性は男性ほど、相手に健康を気づかってもらったり、悩みを聞いてもらったりしていないと感じています。男性はもっと「妻」の健康を気づかったり、悩みごとを聞いてあげたりしたほうがよさそうです。

幸せな夫婦は「精神的に自立している」夫婦です。相手から「健康を気づかってもらっている」ことに感謝の気持ちを持ちつつも、それ以上に、まずは自分から相手の「健康を気づかう」という夫婦のあり方が「精神的に自立している」夫婦の一つの特徴です。

夫婦がそれぞれ一人の自立した個人して、相手のライフデザインを尊重しあうなかで、give and takeの「give」を大切にすることが、幸せな夫婦関係につながる道といえそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ