趣味

クロスカブ110で「もう一度バイク」に挑戦、注目度上昇の原付2種

軽乗用車に積み込みも可能

猛暑もようやく終わり、爽やかな季節になりました。春先も同じなのですが、気持ちのいい時期になると頭をもたげるのが「バイクに乗ったら気持ちいいだろうなぁ」という思いです。とくに若い頃にライセンスを取り、それなりのバイクを乗り回していた人たちにとって“バイクに乗りたい病”を発症することが多いと聞きます。

確かにバイクツーリングの人たちを見ると本当に気持ちよさそうですが、かといって100万円を超えるほどのビッグバイクというのは荷が重い。もっと軽い気持ちで、お手軽に楽しめるバイクはないかと探してみたら、今回のテーマ、ホンダ「クロスカブ110」が見つかりました。いったいどんなバイクでしょうか?


普段着で乗りこなせるファッションバイク

リターンライダーという人たちがいます。まさに昔取った杵柄とでも言うのでしょうか、若い頃にライセンスを取って2輪ライフを送っていた人たちが、一端バイクから離れ、子育てが一段落、趣味にたっぷりと時間が使えるようになったとき“もう一度バイクに乗ろう”と決断した人たちのことです。そんな人たちがまず考えるバイクは排気量1,000ccオーバー、価格も100万円を軽く越えるようなビッグバイクでしょう。

確かにそれも魅力的ですが、低下してしまったスキル、予算など諸々考えると少しばかり気が重い。かといって制限速度30km/hの50cc原付ではじれったいし、行動範囲も広がらない。そこで最近、注目を浴びているバイクと言えば、一般道での最高速度60km/h、イザとなれば二人乗りも可能と言う「原付2種」というカテゴリーで「ピンクナンバー」に属するバイクです。実際に注目度が上がってきていることから、このセグメントにはメーカー各社から色々な選択肢が登場していますが、そんな中でお薦めなのがホンダ「クロスカブ110」というアイテムです。同じホンダの「スーパーカブ125」と同様にピンクナンバーの牽引役とも言える存在です。

実際に「クロスカブ110」のアウトドアっぽいデザインは“お遊び感覚が満載”でファッション性の高さでは、他のバイクとは少しばかり印象が違います。実際、このバイクのコンセプトは“街にも自然にもフィットする、軽快でアクティブなスタイル”ですから、特別なライダーズファッションアドはかえって似合いません。普段着というか少々お洒落して、街で乗り回しても似合いますからパーソナル感満載です。もちろん、ちょっとした郊外でのツーリングに乗り出せばアウトドア感がありますから、こちらでも物足りないと感じることはないと思います。

さらに「クロスカブ」の独特の佇まいと雰囲気を作り上げているフロント部分やリアに装備されているキャリア類ですが、飾りではありません。ここにバックやボックスなどをくくりつけて積めば、積載量も大幅に増え、実に便利で実用性はけっこう高いのです。


スーパーカブの面影を残しながらアウトドアっぽいテイストで仕上げたクロスカブ110

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ