キャリア

Payの“開放宣言”、スマホ決済「Origami」が囲い込みをしない戦略

先駆者があえて別の道を行く理由

スマートフォン決済サービス「Origami Pay」を提供するOrigamiが、金融プラットフォーム「Origami Network」を発表しました。Origamiの決済機能などをオープン化し、賛同するパートナー企業に無償提供。各社のアプリ内で、Origami payの決済機能が簡単に利用できるようになるといいます。

決済サービスが乱立し、各社が自身のECサービスなどの「経済圏」への囲い込みを狙う中、なぜOrigamiはオープンな戦略を取るのでしょうか。9月27日に開催された戦略発表会「Origami Conference 2019」の内容から探ります。


無償で決済機能を提供

Origami Networkは、Origamiの決済機能、決済データ分析、独自ポイント機能、顧客管理(CRM)機能をオープン化するという内容。パートナー企業にOrigamiの決済機能などをSDK(ソフトウェア開発キット)として無償で提供します。パートナー企業はあまりコストをかけることなく、自社の持つアプリを「○○pay」にできるというわけです。

これにより一般ユーザーは「Origami pay」のアプリをインストールすることなく、各企業のアプリ内でOrigami payの決済が可能となります。9月26日には、Origami Payによるコード決済に対応したアプリ「しんきんバンキングアプリ」(Android版)がリリース済み。信用金庫の口座残高や入出金明細が確認できる同アプリから、OrigamiのQRコード決済ができるようになりました。

ほかにも、すかいらーくホールディングス、フジテレビジョン、吉野家、Peach Aviationなど14社との提携が発表されたほか、9月27日からOrigami Networkのウェブサイトで参加の受け付けが始まっています。

origami

Origamiの康井義貴社長によると、日本にはカードが1,000種類以上あると言われ、百貨店や航空会社などは、自社のカードで顧客基盤を作り、DMやメルマガなどの手段で顧客とコミュニケーションをしてきました。最近は自社のアプリで顧客との接点を作る企業が増えましたが、「アプリを作る際、決済の基盤やセキュリティなど、自社で一から十まで作るのはハードルが高い。技術的に難しい」という声が多く寄せられているといいます。

Origami Networkは、通常1年や2年といった長い期間を要するカスタマイズが不要。数ヵ月で各企業のアプリでOrigami Payの決済機能が組み込めると、康井社長はメリットを説明します。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ