趣味

「トライアンフ・ストリートツイン」で大型バイクにもう一度“挑戦”

市街地から高速まで

大型バイクにもう一度乗りたい! そんな希望を、英国の名門、トライアンフの「ストリートツイン」が肩肘張らずに叶えてくれそうです。


クラシカルさが醸し出すなんとも言えない安心感

風に爽やかな冷たさが漂う頃になると本当にバイクに乗りたくなるのは僕だけでしょうか? 昔、それなりに大型バイクに乗っていた人が「もう一度、バイクに乗ってみるか?」とリターンライダー宣言するのはよくあることです。でも心配になるのは“スキルの低下”です。

そこで「取りあえずは小さいバイクで」となるのですが、少しばかり2輪感覚に慣れてくると「ナナハン以上のビッグバイクでもいけそうだなぁ」という気持ちになります。実際に私がそうなのですが、やっかいなことに「昔、ナナハンライダーだったんだぜ」といった自負が多少なりとも目覚めてくるのです。

それに小さなバイクの気軽さ、手軽さも十分に魅力的であることを理解した上でも、一方でビッグバイクのゆとりある走り、ハイウエー走行による活動範囲の広がりはさらなる魅力と映るのです。こうなると重要なのは「なるべく気軽に乗りやすい愛機選び」を行いたいということになります。

若い頃からビッグバイクに跨がり、そのまま乗り継いできた生粋のライダーではないのですが、見栄だけは張りたい。ホンダもいいし、カワサキもいいし国産にも選択肢が山のようにあります。が、心のどこかで「どうせなら輸入車」なんて考えもあるんです。そんなときに試乗する機会を得たのが「トライアンフ・ストリートツイン」でした。

トライアンフといえば現存する最古のオートバイメーカーとして長い歴史を持つ英国のメーカーですから、もちろんブランド力は十分です。その中で代表的なモデルとして随一の人気を誇るのがクラシックカスタムバイクの「ストリートツイン」です。古くから作り続けられ、多くの人たちに愛されてきた“バーチカルツイン”と呼ばれる直立2気筒エンジンと伝統的なスタイル。この佇まいを見ただけでもリターンライダーは安心します。ボディはスリムでシートポジションが低そうで地面に足もピタリと着きそう。実際にストリートツインに跨がり、右足を地面、左足をステップに載せて信号待ち風にライディングを決めてみると、車重198kg、シート高760mmということもあって不安定な感じはほとんどありません。

無駄を削ぎ落としたシンプルでスリムな佇まいがクラシカルな雰囲気を、より高めてくれる。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ