趣味

中華街に行かずに「部屋で最高の中国料理」、ルームサービスがお得すぎるホテルとは

貴重な立地のローズホテル横浜

多くの観光スポットのある横浜にあって、「中華街」の人気は別格です。中華料理を味わえるお店はよりどりみどり。何より独特の雰囲気が愉しめる世界最大のチャイナタウンには多くの観光客が押し寄せます。そうした中華街人気にあって、中華街にあるホテルを探してみるとあまり見当たりません。そのような中華街ホテル事情で、孤高の存在が「ローズホテル横浜」です。


ローズホテル横浜といえば、四川料理の「重慶飯店」と同じ経営会社。重慶飯店は、1959年に開業した中華街を代表する四川料理の老舗で、ローズホテル横浜内にも「重慶飯店 新館レストラン」「重慶飯店 新館個室レストラン」があります。ホテルに宿泊しつつ、絶品中国料理が堪能できるとは何とも贅沢。

ローズホテル横浜の客室は、スタンダードルームが4F~7F、8階はスーペリアルーム、9階のデラックスルームといったフロア構成です。ダブルルーム、ツインルーム共に客室面積は約27平米と余裕のある広さ。やはりおすすめは9階のデラックスルーム。ローズホテル横浜では、格調高い重厚感のある家具が採用されていますが、デラックスルームでは明るい色調のファブリックが用いられておりインテリアのアクセントが秀逸です。バスアメニティはフランス・ロクシタン社製と、ワンランク上のステイが堪能できます。

ツウの楽しみ

ホテルに重慶飯店のレストランがあることを紹介しましたが、筆者がローズホテル横浜へ宿泊する目的のひとつが“重慶飯店のルームサービス”です。ホテルのインルームダイニングといえば割高感は否めませんが、重慶飯店でも大人気の麻婆豆腐1,500円、古老肉(スブタ)1,500円など高級ホテルのルームサービスメニューとしては破格の設定。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ