キャリア

幸福度を下げているのは自分自身?否定形を肯定形にするクセが拓く"幸福への道"

自分の力で幸せを感じる考え方のヒント

世界の幸福度ランキングで日本がとても低いと騒がれ始めて何年が経つでしょう。調査データが話題になった当初は経済や治安などふくめて比較的安定していると思われる日本において、幸福度が低くなってしまっている日本人の感覚が注目されましたが、いまや毎回の順位の低さに驚く方も減ってきた様に思えます。

国連の世界幸福度ランキング2019で日本は58位/156カ国でした(※1)。この調査は国民に「どれくらい幸せと感じているか」を評価してもらった要素に加えて、GDPや平均余命、社会的支援といったほかの要素を元に幸福度を測っているため、一概に国民の感じている「幸せの感覚」としてのランキングとは言えません。しかし、国民の感覚も要素の大切な一つとして計られています。

皆さんが今「どれくらい幸せと感じているか」と問われたらどう答えますか?


私たちは自分を取り巻く環境を幸せな方向へ向かわせる"自由"を持っている

「どれくらい幸せを感じているか」と問われたときの思考の動きに、幸福と感じるヒントがあるように思います。視点の個人差を表すたとえとして、コップに半分の量のジュースを見た時、「半分しかない」と思うのか、「半分もある」と思うのか、量は変わりませんが、どう考えるかで見え方が変わってくるというという話は耳にしたことがあると思います。

このように、私達が物事を認識するとき目の前の事実のみではなく、捉え方次第で私達は自分を取り巻く環境を幸せな方向に捉える自由を持っています。これからの文章で、私は物事をポジティブに捉えたり、幸せと感じるためのコツを心理学の視点から伝えていきたく思います。

しかし、世の風潮として、ポジティブであれ、や前向きな生き方をという言葉があふれ、食傷気味の方もいらっしゃるかもしれません。ですので、まずはなぜ幸福を感じると良いと注目されているかの根拠を少しご紹介します。

カトリックの修道女の研究から見えてくる、幸せは寿命にも影響する

1946年にWHOが定義した健康とは「身体的にも心理的にも社会的にも完全に良好な状態である」とされています。この「良好な状態」がウエルビーイング(Well Being)です。健康科学の目的はWell Beingとなり、心理学の領域の1つである健康心理学のも目標もWell Beingの実現と考えられています。身体的、心理的、社会的の中には様々な要素が含まれてしかるべきですが、それらの要素の状態の何を良しとするかについては主観が大きく影響します。

また、良しの状態に向かっていっている状態も先のコップの例ではありませんが、まだ良い状態ではないと考えているか、これから良い状態に向かっている経過と考えるかでも変わってくるでしょう。実際にWellBeingを計る方法の中には主観的な幸福感を計る研究も多く見られます。

たとえば、ある研究では幸福感と寿命の関係が示唆されています。カトリックの修道女を対象とした研究(※2)では、修道女になる時の自己紹介文を分析し、若いときの幸福感を推定して得点化し、その得点の上位25%(ここでは幸せな集団とします)と下位25%(ここでは幸福でない集団とします)の生存率を比較しました。

修道女ですので、まったく同じ食生活、同じ習慣の生活をしていますが、85歳時点での生存率は幸せな集団は90%。幸福でない集団は34%でした。さらに94歳時点での生存率は幸せな集団が54%であったのに対し、幸福でない集団は11%となっていました。その他の調査や研究からも寿命にも幸福感は良い影響を与えると考えられる結果は見られています。

生存率にも影響を与える幸福感ですので、その幸福感を感じやすくするコツ、Well Beingに近づくコツをご紹介していきたいと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ