結婚

年の差婚、「40代前半男性」と「20代後半女性」の組み合わせは全体の0.7%

初婚男女の結婚年齢を読み解く

意外に感じるかもしれませんが、日本の少子化に関しては、夫婦の間の子どもの数の減少による影響が小さいのです。そもそも論として、カップルが大きく減少したことによって少子化が加速したということが、ようやく過疎化に苦しむ地方を中心に認識されるようになってきました。

地元企業を支える地域金融機関では、その経営戦略に「顧客企業の後継者を絶やさないための結婚応援」を組み入れるところが増えてきています。地元銀行の貸付先の優良企業が「孫が生まれないから」ではなく、「跡取りが結婚さえしていないから」後継者難で黒字倒産する、というリスクが高まってきているのです。

しかし、肝心の後継者やその親の婚活感覚が完全にずれてしまっていると、いくら周囲が一生懸命に結婚応援しても成婚には至りません。

筆者は全国の地域結婚支援センターに出向いて正確なデータの普及に努めていますが、ほぼ全部のセンターから「男性の結婚可能な相手の年齢の認識が大きくずれている」という悩みをうかがいます。

例えば、「おたくの相談所には、そもそも子どもが生める20代の女は登録しているのかね?」と問い合わせてくる50代男性がいます。そして、彼と感覚の似た男性が少なからず「結婚相手を探して欲しい」と依頼してくるという悩みを打ち明けられます。

そこで今回は、2017年に提出された婚姻届全件をもとに、超リアルな「初婚男女の成婚年齢の組み合わせ(発生状況)」をお伝えしたいと思います。


組み合わせ1位は「20代後半同士」

年齢不詳の男女を除いた2017年における初婚同士の成婚は35万156組でした。そのうちの28%、約9万8千組が20代後半同士の男女の結婚です。しかも、2位の30代前半同士の男女の結婚(11%)の2.4倍にものぼる圧倒的な多さです。

この結果から、「今の日本において、最も成婚しやすい初婚男女の組み合わせは、20代後半同士である」とはっきり断言することが出来ると思います。

2位の30代前半男女同士と、3位の30代前半男性と20代後半女性の組み合わせは、ほぼ同じとみてよい約1割という発生状況です。

上位5位までの23万1,488カップルをみると、すべてがアラサーまでの男女ではあるものの、そのうち20代後半の女性が占める割合が83%、20代後半の男性が占める割合が67%で、男女とも30代前半男女の割合を大きく上回り、20代後半の成婚発生確率がいかに高いかがわかります。

ちなみに、上位10位までの30万件、全体の85%のカップルに40代男女は「ともに」出てきません。これを「40代女性だけ結婚が難しくなる」と読み間違える男性やその親族が令和時代の今となっても少なくないため、初婚を目指す男性とその親族はとくに要注意です。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ