生活

都市型スーパー銭湯が「光るサウナ」を始めた理由

東京駅も彩った演出がサウナにも進出

漫画『サ道』がテレビ東京系列でドラマ化されるなど、サウナのブームが続いています。従来は中高年男性が利用するイメージが強くありましたが、SNSなどをきっかけに若者や女性にも人気が拡大。サウナの愛好家は「サウナー」と呼ばれ、温冷交代浴で「ととのう」といった“専門用語”を使って交流を深めています。

そうした中、東京都品川区にある「おふろの王様 大井町店」が11月1日リニューアルオープンします。目玉は、都内初という「プロジェクションマッピング 《ロウリュウ》」の導入です。どのような狙いがあるのか、オープン前に開催された内覧会の内容から探ります。


「炎」で光り輝くサウナストーン

おふろの王様は、東京建物の子会社である東京建物リゾートが運営する温浴施設で、東京都や神奈川県を中心に全10店舗を展開。今回リニューアルオープンする大井町店は、JR京浜東北線・りんかい線の大井町駅前に立地する「阪急大井町ガーデン」に入居しています。

東京建物の菊池隆社長によると、2011年に開業した同店の年間来場者は68万人を超え、おふろの王様の旗艦店という位置づけです。今回のリニューアルは老朽化した設備の改修とともに、インバウンドなど新しいニーズへの対応が目的。消費税の増税に伴い、価格を変更しましたが、「値上げした以上のご満足をいただけるようにした」といいます。

おふろの王様 大井町店

リニューアルの目玉となるのは、岩盤浴コーナーに設置された「プロジェクションマッピング 《ロウリュウ》」。ロウリュウは、高温のサウナストーンにアロマ水をかけ水蒸気を発生させることで、体感温度を高めて発汗を促すというサウナの入浴法です。これに、プロジェクションマッピングの要素を加えることで、エンターテイメント性を追求しています。

1日5回ある「おうさまロウリュウ」の時間になると、プロジェクションマッピングの演出がスタート。部屋の中央に置かれた炉が「燃え盛る炎」の演出で光り輝き、バックには壮大な音楽が流れ始めます。

すると、サウナストーンで熱した蒸気が立ち上がり、部屋の温度も急上昇。気がつけば、毛穴から汗が吹き出しています。通常のサウナとは異なる「アトラクション」のような体験です。

インバウンド客や女性客にアピール

なぜプロジェクションマッピングで演出する、派手なロウリュウを導入することになったのでしょうか。東京建物リゾートの日高毅ホットネス事業部長によると、おふろの王様は郊外に立地する店舗がほとんどで、利用者のメインは地域の常連客です。

一方、唯一の都心ビルイン型の大井町店は、品川駅が近いこともあり、旅行者や外国人客や多く、日本のプロジェクションマッピングの技術でインバウンド客にアピールしたいといいます。

ロウリュウ

「人がやるロウリュウは各地にありますが、映像と風とスチームを融合させたエンターテイメント性を高めたものはあまりありません」(日高部長)

また、郊外店の利用者は40~50代が中心ですが、大井町は20~30代の「働く女性」が多く、そうした人々の満足度を高める狙いもあるといいます。リニューアルで新たに岩盤ルームに「セルフホットヨガスペース」を設置し、ホットヨガのプログラムも用意しています。

おふろの王様 大井町店

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ