生活

「服」でなりたい自分を実現、目標を達成するビジネスコーデ

印象は「言語化」できる

芸能人ではなく、一般人のスタイリストとして今まで4500人以上の買い物に同行してきた森井良行氏のもとには、「服」を変えたことで、仕事や恋愛がうまくいったという嬉しい報告が続々と寄せられています。目的や目標に合った服を着ることで、まわりからの評価が高まり、自信も湧いてきます。それは、服選びの大きな醍醐味です。

ここでは、新著『38歳からのビジネスコーデ図鑑』から、ビジネスからプライベートまで、「評価される見た目」をつくる服装術を紹介します。


「服を変えたら、想像以上の効果があった」

・入社初日でも気負わず、職場にすぐ馴染めました!
・営業成績で年間MVPを獲れました!
・ビジネス交流会が名刺交換だけで終わらず、取引が劇的に増えました!
・社内恋愛が成就しました!

これらの報告はすべて、「服」を変えただけで、仕事や恋愛など人生がうまくいった方々から寄せられたものです。

たとえば、私のところに相談に来られたIT企業で働く男性(30代)は、服を変えて恋愛が成就しました。彼が思いを寄せていたのは同じ職場の女性。しかし、社内の人間関係ということで、気持ちをストレートに伝えることができずに悩んでいたそうです。あなたなら、どうやって職場の気になる女性と接点をつくりますか? 

「そのネイル、素敵だね!」 

このようにほめてみたらどうでしょうか。たしかに、彼女を喜ばせることができそうですが、「突然、何?」と警戒される恐れもありそうです。

そこで私は、女性のほうから声をかけてもらう「服のしかけ」を提案しました。その結果……

「そのネクタイ、素敵ですね!」

意中の女性からそう声をかけられて、会話のきっかけが生まれたそうです。

きっかけとなった服のしかけは、「淡いピンクのネクタイ」。彼が自分では選ばない、女性的な色を服に取り入れて、女性が思わず声をかけたくなるような爽やかな印象を目指しました。それ以降、業務外のやりとりが増えた彼らは、社外でも会う関係に発展。そして、正式に交際が始まったそうです。

「なりたい自分」を言葉にすると印象が変わる

一般的に男性は、女性と比べると、おしゃれに無頓着になりがちです。20代、30代のうちは、それで問題ないと思います。しかし、40代を目前にすると、普通にスーツを着ているだけでは格好がつきにくくなってきます。また、服選びがワンパターンになりがちで、なかなか新しいアイテムに手が伸びない方も多いのではないでしょうか。

それは、「おしゃれメンタル」の不足に原因があります。おしゃれメンタルとは、「おしゃれに気後れせず、服を着こなす精神」のことです。おしゃれメンタルに必要なのは、「なりたい自分」を具体的に描くこと 、それだけです。なりたい自分や目的・目標から逆算して考えれば、これまで挑戦したことのなかった服やアイテムでも、「将来の自分に必要なもの」と思えて、自然に身につけることができます。そうして、「おしゃれメンタル」が確立すれば、服だけでなく、顔つきも変わり、まわりの反応が劇的に変わるはずです。

そこで、今回はオフィス編・オフィスカジュアル編・プライベート編の3つのシーンで、目的・目標を実現させるために効果的なコーデを紹介します。

【オフィス編】外資系生命保険会社のトップ営業マン風

本書96ページより

青みが強いライトネイビーのスーツは、イキイキとした印象を与えます。さらに、明るい色のネクタイと合わせれば、親近感をプラスできます。たとえば、3色使いのネクタイで、白色が入っているものです。明るさが特徴のライトネイビースーツには、明るい色のネクタイが馴染みます。単色なら、水色やオレンジがおすすめです。
売上勝負の世界にいる外資系生命保険会社の営業マンは、「できるヤツ」というイメージですが、顧客からの信頼を勝ち取るために、「親近感」や「安心感」といった印象も大切にしているそうです。青系のスーツに抵抗がある人は、いつもの紺色のスーツよりワントーン明るい色から始めてみましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ