はじめに

ひと目でマツダ車と分かる

またエクステリアで気になるのはボディ下部を黒い樹脂パーツを装備している点です。これまでなら樹脂パーツではなく、ボディ同色とする方が上質感ありと考えられてきました。それをあえて黒くしたことによって「ボディの天地を薄く見せることによって、上は美しさ、下は機能と異なる意味を持たせた」という説明を受けました。確かに視覚的な効果は理解できましたが、それが上質感ありか、と言われたら疑問符です。ただSUVならではなのツール感やスポーティな感じは受けます。

ホイールアーチからボディ下部を黒い樹脂パーツで構成することでボディを薄く見せ、さらにはスポーティ感、力強さを演出する

そしてフロント回り。ブラックのキラキラ系パーツで構成したグリルの造形は最近のマツダ車と共通。ひと目でマツダ車と分かるアイデンティティを持っています。おまけに細部を見るとベースとなっているマツダ3とも違っていて、SUVらしい厚みのあるデザインは“カッコ良さ”とすんなり結びきます。

最近のマツダ車共通の黒いキラキラパーツとシグネチャーウイングを採用したフロントフェイス

リア方向から見てもボディサイドにはS字の映り込み