キャリア

2019年のヒット商品から考える、「複眼カメラ関連」の有望銘柄3選

最新スマホトレンドが追い風なのは?

年末が近付いてくると「今年の流行語」や「ヒット商品番付」などが相次いで発表されます。2019年の「ユーキャン新語・流行語大賞」には、日本のみならず世界中が盛り上がったラグビーW杯から、「ONE TEAM(ワンチーム)」や「ジャッカル」などがノミネートされているようです。

これらの流行やヒット商品から今後のトレンドや投資のアイデアが見つかることもあり、年末の恒例行事となったこれらの発表内容は株式市場でも注目を集めています。その中から、筆者が気になっているトピックについて掘り下げて考えてみたいと思います。


スマートフォンのカメラ複眼化がトレンドに

2019年のヒット商品では、9月に発売された「iPhone 11」シリーズが注目され、発売後の滑り出しが好調なもようです。上位機種である「iPhone 11 Pro」は、背面に3つのカメラが搭載され、高画質を追及したモデルとなっています。

4G-LTE端末の技術革新が進み、性能向上が頭打ちとなりつつある中で、各端末メーカーが差別化を図るため、カメラの高画素化競争に突き進んでいるようにも見えます。スマートフォンの限られたスペースで高性能なカメラ機能を実現するために、性能の異なるレンズを複数搭載することで、単眼レンズでは不可能な画質の写真撮影を可能としています。

アップル以外のスマートフォンメーカーでもカメラの複数搭載が進み、韓国のサムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)は4眼搭載モデルを展開。スマートフォンの複眼化がすっかり定着しているようです。

スマートフォンのカメラ画質を左右する製品がCMOSイメージセンサーです。同製品はレンズからの光を電気信号に変える半導体で、人間の体でいえば目の網膜に当たります。このセンサーの技術が進歩し、最近のスマートフォンではカメラの高画素化が一段と進んでいます。

CMOS市場規模

CMOSイメージセンサーはレンズごとに使用され、その市場規模は2眼モデルが普及し始めた2017年に大きく伸びた経緯があります。今後もスマートフォンの複眼化が牽引し、市場の成長が続くと見込まれます。

国内半導体業界で分かれる明と暗

目下のところ、国内上場企業の2020年3月期第2四半期(4~9月期)を中心とした決算発表が本格化しています。

内需関連企業の業績が堅調な一方、米中貿易摩擦が世界的な設備投資や生産に影を落としたため、輸出関連企業については減益や通期の業績計画を下方修正する企業が多いようです。

今年に入って株価の上昇が目立つ半導体製造装置の分野でも、足元の業績は減益の企業が目に付きます。メモリメーカーの生産抑制が続き、設備投資が盛り上がらないことが主因です。

一方、好調な半導体製品がマイクロプロセッサ(MPU)などのロジック半導体や、CMOSイメージセンサーの分野。旺盛な需要と活発な生産が続き、半導体分野の成長を牽引しています。

<写真:ロイター/アフロ>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ