趣味

金沢・百万石通りに進化系ホテルが続々開業、豪華すぎる「ロビーサービス」の全貌

コーヒー、抹茶、地酒などが無料

観光都市として大いに賑わいを見せる古都・金沢。特に2015年の北陸新幹線開業以降は注目度も高くなり、訪日外国人旅行者も増加しました。それに呼応するかのようにホテルも激増し、シティホテルからビジネスホテル、簡易宿所に民泊とカテゴリー入り乱れての集客合戦となっています。


金沢市街のホテル立地をみた場合、駅周辺と百万石通り周辺から片町辺りが注目エリアです。新幹線の開業で駅周辺がホテル開業ラッシュになるのはよく見られる光景ですが、金沢もご多分に漏れず表玄関である駅東口に加え、西口にも新規参入ホテルが増加しました。また、近江町市場や兼六園、繁華街である片町などを通る百万石通りにも新たなホテルが多く誕生しました。

その多くは宿泊主体のホテルで、いわゆるビジネスホテルが多くを占めます。ビジネスホテルといえば機能性が重視され、デラックス感やデザイン性などは二の次というイメージでしたが、最近では進化系ビジネスホテルに代表される、もはやビジネスホテルというには躊躇うような施設も多く見られます。

最近、百万石通り沿いに開業した人気の3ホテル「ホテルインターゲート金沢」「ホテルフォルツァ金沢」「アゴーラ・金沢」へ早速取材へ出向きましたが、まさにそのようなタイプのホテルです。それぞれ金沢の雅にフィーチャーしつつ、快適なステイを追求していますが、共通点として“コーヒーへの気遣い”“無料のロビーサービス”という宿泊者限定のサービス提供が印象的でした。それぞれ紹介したいと思います。

百万石通りの街角

ホテルインターゲート金沢(2019年3月16日開業)

インターゲート金沢

武蔵交差点から百万石通りを片町方面へ進んだ金沢城跡に近い立地。明るく開放的なロビーラウンジ(インターゲートラウンジ)には欧米系の訪日外国人旅行者が目立ち華やかな雰囲気。客室は機能的ながらセンスの高さが光ります。

デスク周りなどの使いやすさも抜群。大浴場を設けているので散策で疲れた体も癒やせます。

インターゲートブランドは東京、京都などでも展開されていますが、特徴としてラウンジにて時間帯に応じ様々なサービスを提供している点が挙げられます。

金沢でも17時~19時にはハッピーアワーとしてワインやカクテルのサービス、21時~23時にはお茶漬けバイキングを提供しています。もちろんいずれも無料。


コーヒーはスタッフの手により淹れられます。朝食時にもサーバーから薫り高きコーヒーをテイクアウトできました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ