はじめに

アゴーラ・金沢(2019年11月1日開業)


金沢を代表する繁華街である片町の交差点至近に開業しました。現代的なセンスの中に金沢の雅を織り込んでいます。


レセプションのある2Fには宿泊者専用のラウンジが。「まごごろにふれる茶邸 誇り高いセンスと傾奇く心意気」というコンセプトは、茶釜から点てた抹茶にもあらわれています。

抹茶は和菓子と共に愉しめ、日本文化に触れる体験が出来ます。もちろんコーヒーへの気遣いも抜群。その他、無料ドリンクサービスも充実しているので、金沢の雅を感じつつゆったりとロビーで過ごすことが出来ます。


また、金沢を中心に活躍する工芸家の作品も展示、実際に購入することもできます。大浴場(パブリックバス)、ウォークインでも利用できるスパトリートメントを設け、宿泊主体型への差別化トライを感じます。1FのDining SohZa(ダイニング・ソウザ)で提供される朝食は圧巻の一言。


金沢の新しい3ホテルをロビーサービス中心に紹介しました。各ホテルとも、趣向を凝らした仕掛けがあり、中でもドリンク、特にコーヒーへの気遣いが印象に残りました。コーヒーとホテルの親和性は高く、コーヒーに気遣うホテルが多くなりました。金沢のホテルでコーヒーが印象的だったのは、古都にもコーヒーの香りはよく似合ったという理由もあるかもしれません。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。