はじめに

去る11月23日から24日の両日、岡山国際サーキットに多くのマツダの名車とファンが集結した「マツダファンフェスタ」を取材してきました。今年、生誕30周年を迎えたロードスターを始め、ル・マン24時間レースの優勝マシン、ロータリーを搭載した名車が実際に走行するなど楽しさ満載の“マツダファンの祭典”とは、どんなものだったのでしょうか


全国から熱きマツダファンが終結

国産メーカーはもちろん、輸入車メーカーのオーナーさん達が全国から集うイベントは一年中、全国のどこかで開催されていると言っていいでしょう。個人的にはどのクラブにも属していませんし、イベント取材の依頼がない限りは、ほとんど参加することはありません。それでも今年はマツダ車オーナーたちにとって年に一度の大規模な祭典「マツダファンフェスタ」への誘いがあり、早速11月23日から24日の二日間開催のイベント取材に出掛けてきました。

場所は岡山県にある岡山国際サーキットです。過去にF1も開催されたサーキットで現在も多くのレースが開催されています。ここを二日間、マツダファンのために貸し切りとし、マツダ協賛で行われる大規模なイベントです。こうしたサーキットイベントは総じて朝が早く、私がサーキット入りしたのは午前3時。もちろん一番乗りではありません。すでにトランスポーターに古いマツダ車を搭載した人や、磨き上げた愛車で駆けつけた人たちがサーキットのゲートを続々とくぐり抜けていきます。

夜が明ける前から続々とオーナーや参加者たちが集まってきます

正式なイベント開催時間は午前8時からですから、まだまだ時間がありますが、集まった人たちは思い思いにコンビニで買ってきたおにぎりなどを頬張りながら時間を過ごします。また初日の23日(土)に今年30周年を迎えたロードスター(年式は問わず)で来場した先着250台までの人は、この日の最終プログラムとして行われる「ロードスター生誕30周年記念パレードラン」に無料で参加できるのです。当然、この日はロードスターが特に目立っていました。

ファンの間で「NA」と呼ばれる初代モデルから、最新の「ND」までの4世代に渡るロードスターがどんどん駐車場に並んでいきます。もちろんノーマルもあれば自分なりの演出を施した“注目度最優先の車”、さらにはガッチガチにカスタムを施された超個性派まで、オーナーたちの思いと愛情がたっぷりと詰まったロードスターがズラリと並んで行くのです。

その中身を見ると親子、カップル、友人同士など、オーナーたちのスタイルはまったく違いますが、隣り合わせたオーナーさん達はすぐに打ち解け、話が始まります。

カップル、夫婦、親子などロードスターのオーナーさん達は個性豊かでした

誰もが笑顔で、どこか誇らしげにロードスターから降り立ち、すぐに交流が始まるのです。ちなみにこのイベントの観戦券は前売りで土日通しが3,300円、土曜日のみが2,200円、日曜日のみが2,750円。さらに駐車料金1,100円などがかかりますが、皆さん、年に一度のお祭りですから「あまり気になりません」という意見が多くありました。それよりも実際のサーキットを自分の車でパレードランが参加出来たり、全国から集まったユーザーたちとの触れ合いを心から楽しみにしている様子です。