結婚するには経済力が大事。女性たちはそう言います。もちろんそれは正解でしょうが、「ではお金さえあればいいのか」と言われれば、誰もが戸惑うのではないでしょうか。お金があって、性格も穏やかでいい人。なのに結婚生活がうまくいかなかったという女性がいます。


資産は数億円

3年前、父親が設立したビル管理会社を継いだ5歳年上の男性とお見合い結婚をしたのは、マユミさん(仮名・33歳)。結婚当時は「穏やかでいい人だし、生活に不安はないし」と周囲に話していたのですが、つい先日、離婚しました。

「彼自身、若いときに投資した不動産がうまく回っていて、何もしなくても手取りで毎月、50万円くらいは入ってくるんです。家もあるし、母親は彼の妹と一緒に暮らしていて、そちらも会社役員なので収入はある。資産としては数億円、もっとあるんじゃないでしょうか」

知り合いの紹介でお見合いをしたとき、経済的な心配がないのは大きな魅力でした。そして彼の笑顔にも惹きつけられたといいます。5歳年上の彼は、世間のことなどほとんど関心がなく、穏やかな笑みを浮かべていたそう。

「汚れのない人というイメージでした。趣味は読書と音楽。彼のお母さんも妹さんも、みんな穏やかで今どき,信じられないくらいいい人なんです」

当時、勤めていた会社で人事のごたごたに巻き込まれて、キャリアが途絶える寸前だったマユミさんは、彼のような人と一緒になれば自分も癒やされるはずだと思ったのです。

「3ヵ月ほどつきあってみましたが、お金持ちなのに浪費するわけでもなく、かといってケチなわけでもなく、金銭感覚は私と変わらない。そこに好感をもちました。私は仕事を続けるつもりでしたが、彼は『それなら僕が家事をやるよ、今だってやってるし』って。彼、ほとんど出社しないんですよ。かといってお金のかかる遊びをするわけでもない」