はじめに

コンプレックスを上手に隠してスタイルをよく見せる方法

ウエディングドレスを選ぶ花嫁から一番多い要望は、「スタイルをよく見せたい」というもの。そのため、「くびれの強調や脚長効果のあるハイウエストのAラインやプリンセスラインのドレスは人気の定番ですね」。

数多くの花嫁の希望を叶えてきた知花さんに、体型&コンプレックス別におすすめのドレスを教えていただきました。

華奢で小柄な人:ハイウエストのプリンセスライン

「ウエストの位置を高くすると、縦ラインが強調されて脚長効果が期待できます。痩せていて小柄な方は、すっきりしたドレスだと細くみえすぎてしまうことがあるので、ボリュームのあるスカートのプリンセスラインのものを選んでいただくと華奢なウエストを活かしつつ、メリハリのあるラインに仕上がります」

背が高い人:マーメイドライン

「人魚の尾ひれのようなスカートのラインと身体のカーブラインがはっきり出るのが特徴的なマーメイドライン。小柄な方だと、裾が余り、バランスが難しい可能性がありますが、背の高い方はそのスタイルを活かしてキレイに着こなしていただけると思います」

ぽっちゃりした人:Aライン

「お腹を気にしている方ですと、ウエストをカバーできるハイウエストのAラインがオススメです。フェイスラインをすっきりみせてくれるVネックのドレスもいいですね。プリンセスラインはふくらみが出てしまうこともあるので、試着は必須です」

二の腕が気になる人:ビスチェタイプ

「気になるからとオフショルダーなどで中途半端に隠すと逆に強調してしまうことがあります。思い切って出してみることでデコルテラインとつながりが出て、意外とすっきりとみえます。どうしても隠したい場合は5分丈や7分丈のお袖でカバーするとGOOD」

ものすごく痩せている人:デコルテレース

「デコルテの骨感を気にされている場合は、デコルテにレースや刺繍のあしらわれたドレスで柔らかくカバー。おしゃれに演出できます。ドレスエブリでは、そんなデザインも豊富にご用意しております」

そのほか、ドレスを選ぶ際には着るときのロケーションを考慮することも重要。

レストランウエディングでは、席と席の間が狭いことがあるため、すっきりしたAラインやマーメイド、スレンダー、エンパイヤ。

大きな式場であれば、会場に負けないビックシルエットのプリンセスラインやゴージャスな後ろ姿のロングトレーン。リゾートウェディングの場合は、開放的な景色と合わせて写真映えのする軽やかなチュールやオーガンジーなど、シーンに合わせてシルエットや素材など選ぶポイントがあります。

今、人気のドレスは?

最後にドレスエブリで人気のインポートドレスを実際に見せていただきました。

■プロノビアス(PRONOVIAS)品番:PLEASANT

「スペインのブランドです。こちらは、レースを贅沢に使い、クリアなスパンコールで飾られたクラシカルな印象のドレスです。特に今、人気なのが、イリュージョンレースというデザイン。肌色のチュールの上にレースがあしらわれているもので、着るとチュールが肌に溶け込んで消え、まるで肌の上にレースがあしらわれているようにみえるおしゃれで清楚なデザインです」

こちらのドレスは、筆者もちゃっかり試着させていただきました。

■モリリー(Mori Lee)品番:5276

「アメリカ・ニューヨークのブランドです。ウエストにあしらった贅沢なビジューや、チュールをたっぷりと使用したスカートなど、軽やかでゴージャス感のある華やかなドレスです。実は同ブランドのベストセラー商品なんです」

繊細なレースや華やかなビジューなど、趣向を凝らしたデザインに心が踊ります。

多様なデザインから選べて、価格も抑えられるセル専門店のウエディングドレス。これから結婚を控えているプレ花嫁の方は、“私だけの1着”を購入することも検討してみては?